トップページ > グループ紹介 > ゲノムトランスレーショナルリサーチ分野(柏) > メンバー > 大橋 紹宏
Akihiro Ohashi, Ph.D

大橋 紹宏
Akihiro Ohashi, Ph.D

分子標的癌治療薬を開発する上で、癌の特性(Cancer Hallmarks)と脆弱性(Cancer Vulnerability)を理解することは非常に重要です。我々は癌の特性の1つである「染色体の不安定性」に着目し、1)DNAの複製や修復の異常、染色体の不均等分配によって引き起こされる「染色体の不安定性」が、癌細胞に対してどのような細胞内ストレス(染色体不安定性ストレス)を与えるのか、2)「染色体不安定性ストレス」が引き起こす生存負荷に対して、癌細胞がどのように適応しながら、その生存・増殖を維持しているのか(染色体不安定性ストレスへの順応性)3)癌細胞の「染色体不安定性ストレスへの順応性」が、逆に「外部環境変化に対する適応の弱さ」を引き起こす可能性があるかどうか(癌の脆弱性や薬剤感受性)、4)染色体不安定性ストレスが関与する「癌細胞の脆弱性や薬剤感受性」をターゲットとした新規癌治療法の開発の可能性、を明らかにするために、分子・細胞生物学、ケミカルバイオロジー、薬理学、生命情報学など、多角的な実験アプローチを用いながら、基礎研究・トランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)活動を進めています。これらの知見を最大限に活用し、国内外のアカデミア、バイオテック、製薬会社と協力しながら、新規分子標的治療薬の研究・開発を目指していきます。


 

職名

  • ゲノムトランスレーショナルリサーチ分野 ユニット長

専門領域

  • ゲノム不安定性
  • DNA複製・修復
  • 癌創薬研究
  • 分子標的治療薬

Key word

  • 染色体分配異常

  • DNA複製ストレス

  • 分子標的薬

  • ケミカルバイオロジー

  • マルチオミックス解析

  • ドラッグディスカバリー

  • バイオマーカー

  • トランスレーショナルリサーチ

現在の主な研究テーマ

  • DNA複製ストレスを標的とした分子標的薬のメカニズム解析
  • 染色体不均等分配が引き起こすストレス反応と次世代抗がん剤のターゲット探索
  • DNA修復阻害薬の合成致死マーカー探索

共同研究が可能なテーマ

  • 染色体不安定性と新規ターゲット探索
  • DNA複製ストレスをターゲットとした創薬研究
  • 分子標的薬の感受性マーカー探索

メールアドレス

aohashi@east.ncc.go.jp

 

略歴

1997年 京都大学 農学部 卒業

2002年 京都大学大学院 農学研究科 応用生物科学専攻 博士課程修了

2002年 Mayo Clinic, Radiation Oncology, 博士研究員(Dr. Junjie Chen)

2004年 Mayo Clinic, Laboratory Medicine and Pathology, 博士研究員(Dr. Fergus Couch)

2006年 武田薬品工業 癌創薬ユニット(旧創薬第二研究所)、研究員

2007年 武田薬品工業 癌創薬ユニット、主任研究員

2014年 武田薬品工業 癌創薬ユニット、分子機能サブグループヘッド

2016年 武田薬品工業 癌創薬ユニット、分子薬理グループヘッド

2017年 TAKEDA Pharmaceuticals International, Inc., シニアサイエンティスト

2018年 現職

 

主な所属学会

  • 日本癌学会、日本がん分子標的治療学会、日本分子生物学会

原著論文(抜粋)


  1. Iwai K., Nambu T., Dairiki R., Ohori M., Yu Jie, Burke K., Gotou M., Yamamoto Y., Ebara S., Shibata S., Hibino R., Nishizawa S., Kurasawa O., Uchiyama N., Kogame A., Takeuchi T., Yamanaka K., Niu H., and Ohashi A.*
    *corresponding author
    Molecular Mechanism and Potential Target Indication for a Novel
    CDC7-Selective Inhibitor, TAK-931
    Science Advances 2019. 5(5): eaav3660. DOI: 10.1126/sciadv.aav3660
  2. Ohashi A.*, Ohori M., and Iwai K.*corresponding author
    Motor activity of centromere-associated protein-E is required for its localization at the center of the midbody to regulate cytokinetic abscission
    Oncotarget 2016.7 (48): 79964-79980.DOI: 10.18632/oncotarget.13206
  3. Ohashi A.*, Ohori M., Iwai K., Nambu T., Miyamoto M., Kawamoto T. and Okaniwa M.*corresponding author
    A Novel Time-Dependent CENP-E Inhibitor with Potent Antitumor Activity
    PLOS ONE 2015.10 (12): e0144675. DOI: 10.1371/journal.pone.0144675
  4. Ohashi A.*, Ohori M., Iwai K., Nakayama Y., Nambu T., Morishita D., Kawamoto T., Miyamoto M., Hirayama T., Okaniwa M., Banno H., Ishikawa T., Kandori H. and Iwata K.*corresponding author
    Aneuploidy generates proteotoxic stress and DNA damage concurrently with p53-mediated post-mitotic apoptosis in SAC-impaired cells.
    Nat Commun. 2015.6:7668. DOI: 10.1038/ncomms8668.
  5. Mondal M., Ohashi A., Yang L., Rowley M. and Couch FJ.
    Tex14, a Plk1 regulated protein, is required for kinetochore-microtubule attachment and regulation of the spindle assembly checkpoint.
    Mol Cell.2012 45(5):680-695.
  6. Rowley M., Ohashi A., Mondal G., Mills L., Yang L., Zhang L., Muders M., Smyrk T. and Couch FJ.
    Inactivation of Brca2 promotes Trp53-associated but inhibits KrasG12D-dependent pancreatic cancer development in mice.
    Gastroenterology 2011.140(4):1303-1313.
  7. Xia B., Sheng Q., Nakanishi K., Ohashi A., Wu J., Christ N., Liu X., Jasin M., Couch FJ., Livingston DM.
    Control of BRCA2 cellular and clinical functions by a nuclear partner, PALB2.
    Mol Cell. 2006.22(6):719-29
  8. Ohashi A., Zdzienicka M., Chen J. and Couch FJ.
    Fanconi anemia complementation group D2 (FANCD2) functions independently of BRCA2- and RAD51-associated homologous recombination in response to DNA damage.
    J Biol Chem. 2005.280(15):14877-83.
  9. Wu K., Hinson SR., Ohashi A., Farrugia D., Wendt P., Tavtigian SV., Deffenbaugh A., Goldgar D., Couch FJ.
    Functional evaluation and cancer risk assessment of BRCA2 unclassified variants.
    Cancer Res.2005. 65(2):417-26.