コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > レジデントプログラム > 1日体験プログラム > 薬剤部

薬剤部

薬剤師レジデントを希望される方へ

薬剤部の紹介と薬剤師レジデント制度(東病院)の説明スライドを掲載しました。

また、現役レジデントからのメッセージを収載した動画を作成しましたので、是非ご覧ください。 

YouTube_pharmacy.png

画像をクリックするとYouTubeにリンクします

令和4年度 国立がん研究センター 薬剤師レジデント募集について

レジデント1日体験プログラム 薬剤部

薬剤部集合写真

  • プログラム代表者名
     田内 淳子、原田 まなみ 、松井 礼子
  • スタッフ構成
    常勤薬剤師 38名、がん専門修練薬剤師 1名、薬剤師レジデント 16名、薬剤助手 4名(合計 59名)
  • 関連リンク

注:1日体験プログラムは通年で開催していますが、特に6月から8月は研修プログラムが充実しておりますので奮ってご参加ください。参加申込はメールにて承ります。詳細はこちらからご覧ください。

東病院 薬剤部のPRポイント

理念

集合写真

薬剤部の理念は、「エビデンスを構築するための臨床研究の推進、エビデンスに基づいたがん化学療法の提供、患者中心のファーマシューティカルケアの実践」です。当院では薬剤師も薬物治療、臨床研究等へ積極的に関与しています。

教育体制

教育している画像

国立がん研究センター東病院薬剤部では薬剤師レジデント制度を設け、その目的を「薬剤業務の基本的技術を修得するとともに、がん薬物療法に関する臨床および基礎の幅広い知識と技術の修得を図り、がん医療に精通した薬剤師を養成する」としています。東病院の医師による講義研修等も行っており、がん医療に精通した薬剤師になるための修練を積む最適な環境があります。またがん領域のみならず、様々な資格取得者からの指導が得られます。

introduction1905_4.jpg


カリキュラムは1、2年目に全科病棟(消化管、肝胆膵、呼吸器、緩和など)・各部署(調剤室注射室抗がん剤調製室通院治療センター薬剤師外来治験DI室病棟業務)をローテーションし、3年目では特定の診療科において重点的に病棟業務・外来診療に参画するといった充実した研修制度です。

また、平成26年度よりがん専門修練薬剤師制度も発足しております。「薬剤師外来コース」、「支持療法コース」、「治療開発・臨床研究コース」の3つのコースからがん患者の薬学的管理介入や臨床薬学研究に必要な高度先進的な知識と技術を有するがん診療の専門薬剤師の育成にも力をいれています。

東病院ならではの業務として、薬剤師外来保険薬局との地域連携通院治療センターでの外来化学療法における薬学的管理、外来化学療法ホットラインがあります。

resident_img04.jpg

また、多職種からなるチームレゴラフェニブ、チームベクティビックス、チームネクサバール、支持療法チーム、ICT、NST、褥瘡などのチーム医療に積極的に参加し、抗がん剤の副作用対策に取り組んでいます。さらに、臨床研究や国内外の学会発表など意欲的に活動しています。

メッセージ

みなさん、最先端のがん治療に携わる薬剤師レジデントの1日を体感してみませんか。

1日体験プログラム情報

受入日

通年

  • 注:COVID-19感染拡大により、1日体験プログラムのご参加を2021年8月30日~緊急事態宣言の間、一時受付停止いたします(既に受付済みの方は予定通りお越しいただけます)。
  • 注:9月からは半日体験プログラムとなります。
  • 注:ただし、6月中旬頃から8月下旬頃の毎週月曜日・金曜日(ただし、祝日は除く)は、より充実した特別カリキュラムで実施いたしております。
  • 注:新型コロナウィルスの流行状況により変更あり

備考

対象:平成25年3月以降卒業の薬剤師、薬学部5年生以上

多数の応募があった場合、ご希望に沿えないことがあります。あらかじめご了承ください。

当日のスケジュール

14:00 薬剤部・レジデント制度の概要説明
  部署 紹介・見学
休憩
部署 紹介・見学
現役薬剤師レジデントとの座談会
16:30 終了

当日の都合により変更となることがあります。あらかじめご了承ください。

参加申込・お問い合わせ

参加申込はメールにて承ります。詳細はこちらからご覧ください。

先輩レジデントからのメッセージ

手代木 貴宏

手代木 貴宏(2年目レジデント)

私は、最先端のがん医療で研究や治験を行っている当院において、その一員として携わりたいと思い入職しました。当院は、がん専門病院として幅広いがん種を診ています。様々ながん患者さんに対し日本のガイドラインだけでなく海外のガイドラインや論文などを参考にし、安全にがん薬物治療を受けてもらえるよう、薬剤師と医師の先生方が議論している姿を毎日のように目にします。そのような姿を間近で見て、とても刺激的な時間を過ごすことが出来ています。学ぶことが多くあり辛いこともありますが、質の高いがん医療を提供するために一緒に頑張る同期、頼りになる先輩方に助けられながら有意義なレジデント生活を送っています。レジデントに興味があるみなさんには、ぜひレジデント1日体験にお越しいただき、ここでは伝えきれなかったことを感じてほしいです。

各長からのメッセージ

薬剤部長 川崎 敏克 写真

薬剤部長 川崎 敏克

当院は、がん医療に精通した薬剤師の養成を目的とし、2006年にがん専門の薬剤師レジデント制度を開始しました。現在は3年間のカリキュラムとなっています。

がん専門の薬剤師レジデント制度を設けているのは、全国で当院を含め5施設しかありません。是非この機会に、当院におけるがん専門薬剤師レジデントの一日を体験してみてください。

詳しくは、2022年度(令和4年度)薬剤師レジデント募集をご覧ください。