コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 遺伝子診療部門 > 家族性腫瘍外来について

家族性腫瘍外来について

父親や母親、兄弟・姉妹、おじ・おばなどの血縁者(家系内)に「がん」あるいは「腫瘍」の患者が多くみられる疾患を、家族性腫瘍(家族性の「がん」)と呼んでいます。

このようなご家族では、「うちはがん家系だ」などと言われることもありますが、長寿国の日本では2人に1人が「がん」になるため、必ずしも遺伝が関係して「がん」が起きているとは限りません。

がんの種類や発生した臓器によりその頻度は異なりますが、遺伝が大きく関与する家族性の「がん」の頻度はがん全体の約5%と考えられています。

診断や治療技術の進歩により、家族歴や必要に応じた遺伝子検査の結果に基づき、家族性腫瘍と診断し、家族性腫瘍に特徴的な多発がんや重複がんの予防、早期発見・早期治療の支援を行なうことが可能になってきました。

一方で、情報量が膨大となりときに情報の質に幅があるため悩みを抱えている方の不安が大きくなる例も見られています。

また、家族関係、結婚、出産、就職、保険などに関する悩みが出てくることも少なくありません。

このような遺伝的なご相談に対応するために専門外来である家族性腫瘍外来を開設し、遺伝に関するご相談に対応するための遺伝カウンセリングを実施しています。