コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科 > リハビリテーション室

リハビリテーション室

トップ画像
当院のリハビリテーション室は、リハビリテーション科専門医2名、理学療法士4名、作業療法士3名、言語聴覚士2名が在籍しています。スタッフ全員、「がんのリハビリテーション研修」を修了しています。治療用装具や義手・義足の作成は義肢装具士(外部委託)が担当し、担当医や担当療法士と連携して行っています。 院内の栄養サポートチーム、褥瘡対策チーム、AYAサポートチーム、排尿ケアカンファレンス、患者サポートセンターなどの医療チームの一員として、多職種と連携しながらがん患者さんの機能や能力の回復を図り、家庭や社会への復帰をスムーズにできるよう援助しています。 また、医療安全管理部会、安全衛生管理委員会、人材育成センター運営会議に参加し、職員・患者さんの安全、職場環境の是正、職員教育に努めています。 当リハビリテーション室にご興味を持ち、見学や一緒に働きたいと思われた方はご相談ください。
ホームエクササイズ