コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院
柏の葉教室から生まれた がん症状別レシピ検索「CHEER!(チアー)」

トップページ > 柏の葉料理教室から生まれた がん症状別レシピ検索「CHEER!(チアー)」 > 症状別アドバイス > 食欲不振

食欲不振

食欲不振とは、食物を摂取したいという生理的な欲求の低下、喪失した状態です。「食欲低下」「食欲減退」「食思不振」等と言う場合もあります。がんの治療中は化学療法の副作用や精神的ストレスなど様々な要因で生じます。

要因と症状

原因は複数の場合も多いですが、ご自身の食欲不振となる原因を見つけ、それに応じた食事の工夫を行いましょう。

1. 消化・吸収機能の低下
  便秘下痢、お腹の張り、もたれ感、吐き気・嘔吐

2 . がん治療の副作用症状
  吐き気・嘔吐、口内炎・食道炎味覚変化

3. 噛む・飲み込むが上手くいかない
  高齢、義歯が合わない、口腔・食道の術後

4. 全身状態の不良
  腫瘍から食欲を低下させる物質が出る影響、強い倦怠感、発熱、
  疼痛(とうつう:ずきずきとうずくような痛み)、よく眠れない

5. 精神的負担
  不安、落ち込んだ気持ち

食事のアドバイス

  1. 量を控えめにし、数回に分けて摂る

  2. 体調の良い時間帯に食べる

  3. 消化の良い食品(PDF:136KB)を中心に摂る

  4. さっぱりと食べられるメニューにする

  5. 口当たりの良いものを選ぶ

  6. くさみを消す、冷ます等 “におい”を抑える

  7. いつでも食べられるよう食べやすいものを準備する

  8. こまめな水分摂取を心掛ける

参考資料

毎日の食事に役立つ資料を掲載しています。
画像をクリックすると、下記項目の詳細(PDFファイル)をご覧いただけます。

食欲不振 画像 001

(PDF:311KB)

  • 食欲不振の要因
食欲不振 画像 002

(PDF:1.6MB)

  • 下ごしらえの工夫
  • とろみ調理の工夫
  • 噛む・飲み込むが上手くいかない時の工夫