コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 小児腫瘍科 > 療養環境について

療養環境について

小児がんの治療は一般的に6ヶ月以上の長期にわたり、小児・AYA世代の患者さんにとっては充実した治療環境はもちろんのこと、あそびを含めた療養環境の整備、治療中の学習のサポートは不可欠と考えています。当院では、ちいさなこどもからAYA世代までのがんと闘う患者さんが安心して治療を受けることが出来るように、院内学級(いるか分教室)・看護師・子ども療養支援士・保育士・こころのケアチーム等の専門家が連携して、それぞれの患者さんに最適な治療環境の提供を目指しています。

家庭を重視した療養環境

小児がんの治療は長期に渡るため、入院が長期間続く事は珍しくありません。長期の入院は、本人はもちろんの事、御家族や自宅に残る兄弟にとっても大きな負担となると考えており、当科では欧米型の通院治療を組み込んだ治療のスタイルを取り入れており、治療がない日は極力自宅で過ごせるように配慮をしています。

  • 原則抗がん剤および必要な支持療法の継続中のみの入院とし、治療の間の期間は週1,2回の通院で血液検査のチェックや必要な検査を行っています。
  • 遠方からの通院の患者さんについても地元のクリニックと病院や連携して、それぞれの患者さんに合わせて最善の療養環境を提供します。

いるか分教室について

図3 いるか分教室

いるか分教室は、1998(平成10)年度に東京都立墨東特別支援学校の分教室として小児病棟に開設されました。対象は小学校1年生から高校3年生までで、入院中も学校生活を続けることができるよう支援しています。12A病棟のフロアー内に学習室があり、子ども達が来室しやすい環境が整っています。治療中でも、それぞれの体調や進度に応じて学習を進めており、自宅療養中の学習についても前籍校と連携を図りながら対応しています。(詳しくは右リンクをご覧ください:いるか分教室

子ども療養支援士

科では、患者さんとご家族が安心して治療を受けて頂けるように、2名の子ども療養支援士が入院療養生活をサポートしています。子ども療養支援士は医療チームの一員としてこどもの目線を大切にしながら、療養環境の整備やあそびの支援を行う専門職です。

  • あそびは、入院中の表面化しないストレスを発散し、心を癒すための大切な手段と考えています。乳幼児から思春期までその時の病状や個性・発達に応じたあそびの支援を行っています。
  • こどもたちは、慣れない環境の中で初めての治療や処置をたくさん経験します。また、検査や治療の一部は痛みを伴う事もあります。どんなところに行くか、どんなことをするのかなど、こども目線でコミュニケーションをとり、こころの準備をサポートします。
  • ボランティアや他職種とも連携しながら、ニーズに合わせてご家族・兄弟へのサポートを行っています。

図4 子ども療養支援士作品

子ども療養支援士からのコメント

こども療養支援士

医師や看護師など他職種と連携・協働しながら、こどもと家族のニーズに合わせて、主にあそびを通じた心理社会的支援を行っています。こどもたち一人ひとりが、その子らしく過ごすことができるようこどもの気持ちに寄り添うことを大切にしています。

子ども療養支援士の活動について詳しくご覧になりたい方は日々歩No.05 2014年11月発行掲載の子ども療養支援士スタッフインタビューを関連ファイルご覧ください。

子ども療養支援のご案内1

子ども療養支援のご案内2

お問い合わせ先について

お問い合わせ先:小児がん・希少がんホットライン 電話番号:03-3543-5601
または小児腫瘍科 小川千登世:chitogaw●ncc.go.jp(●を@に置き換えください)