コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 看護部について > 看護部長ごあいさつ

看護部長ごあいさつ

nurse_sekimotoasuko.JPG.jpg

国立がん研究センターが掲げるスローガンに「All activities for Cancer Patients (職員全ての活動はがん患者さんのために)」というものがあります。私はこの言葉を座右の銘のように心に刻んでいます。少子高齢化、医療の高度化・複雑化が進み、看護師の活躍する領域や場の多様化も進み、看護師に対する役割や期待も拡大しつつあります。そのような中にあって、見失ってはいけないこと、常に看護職の根底になければならないことがこのスローガンだと思うのです。

がんという疾患は治療プロセスが長く、それぞれの段階で必要となる治療やケアが異なります。がんと共に生きる歩みの中で、長い治療プロセスを見渡して、常に患者さんにとって何が重要かを考え、自分の人生を生きられるよう患者さんの可能性を引き出すのが私たち看護師の役割です。
患者さんの「今大切なこと」に着目しながら、病気の進行や家族への影響などこれから先を見越して、「次に起こること」を予測できるのもまた、様々な情報を持っている看護師なのです。そしてその行動の根底にあるのが「All activities for Cancer Patients」。これががん研究センター中央病院の看護師達といえます。

こうした看護師達に対して、看護部は看護師達がそれぞれに選択し自己成長できる、キャリアアップの道筋を整えています。個人のキャリアと組織のニーズを融合しながらキャリアを形成していくという考えに基づき、「組織コミットメント」を主軸におき、「がん看護実践能力」「役割遂行能力」「マネジメント能力」「自己教育・研究能力」を積み上げていくという教育の枠組みを作成しました。

がん看護におけるジェネラリストになり、次のステップとしてがん看護の特定の分野で卓越した実践能力をもつ認定看護師、あるいは専門看護師を目指す看護師を支援します。また、組織全体としては、部署の垣根を超えて協働できる仕組みをつくり、相互支援できる看護部組織を目指していきます。日々進化するがん医療に対応できる看護部を一緒に築き上げていきましょう。

国立がん研究センター中央病院
看護部長 關本 翌子