コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 情報提供 > 一般向け セミナー・イベントのお知らせ > 国立がん研究センター東病院
2020年度オンライン市民公開講座

国立がん研究センター東病院
2020年度オンライン市民公開講座テーマ 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とがん」

2020年9月30日公開

online2020

(画像をクリックするとPDF:216KBが開きます)

国立がん研究センター東病院では、毎年最新のがん治療に関する市民公開講座を開催しています。
昨今の状況を踏まえ、本市民公開講座の開催形式等を慎重に協議・検討を重ねた結果、今年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と参加者の安全確保を第一に、より多くの方にご覧いただけるオンライン動画を配信することに決定いたしました。

今回は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とがん」をテーマに、新型コロナウイルス感染症との関わり方について、様々な観点から東病院の専門家がわかりやすく解説しています。
視聴は無料です。ぜひごご覧ください。

 

注:当サイトの内容、テキスト、画像、動画等の無断転載・無断使用を固く禁じます。リンクや本サイトの内容を引用、転載等をご希望の場合は下記をご参照ください。

目次

プログラム

画像をクリックすると、YouTubeにリンクします。

【司会】小島 隆嗣(消化管内科  医長)

全体版(90分)

 photo2

病院長からのご挨拶(2分)

 photo3     

1.新型コロナウイルス感染症とがん患者(8分) 

 photo4

新型コロナウィルス感染症について重症化しやすいリスク因子や罹患したがん患者について、現在までに分かっている情報について紹介しています。

演者

冲中 敬二(おきなか けいじ)

感染制御室

冲中 敬二(おきなか けいじ)

 

2.がん治療と新型コロナウイルス感染症(30分)  

 photo6

がん患者はコロナウイルスにかかると重症化しやすいのか、地域の流行状況に応じた対応や新型コロナウイルス感染症の防御にはらった薬物療法など、日本と諸外国との状況を比較しながら、がん治療において免疫力が下がった場合の対処法について説明しています。

演者

久保木 恭利(くぼき やすとし)

先端医療科 /消化管内科  医長

久保木 恭利(くぼき やすとし)

 

3.新型コロナウイルス感染症日常生活の注意点と感染対策(8分)

 photo8

手指消毒や普段生活している環境の消毒など、感染予防の大切さについて説明しています。

演者

橋本 麻子(はしもと あさこ)

感染制御室  感染管理認定看護師/看護部  副看護師長

橋本 麻子(はしもと あさこ)

 


4.新型コロナウイルス感染症流行下での心のケア(30分)         

 photo10

新型コロナウイルス感染症流行下の社会的変化に伴い、日常生活がままならない状況で起こる心や体の変化について解説しています。また、その心理状況の受け止め方、解消法やリラックス方法について実演で紹介しています。

演者

小川 朝生(おがわ あさお)

精神腫瘍科長

小川 朝生(おがわ あさお)

副島 沙彩(そえじま さあや)

精神腫瘍科  心理療法士

副島 沙彩(そえじま さあや)

中村 友理香(なかむら ゆりか)

精神腫瘍科  心理療法士

中村 友理香(なかむら ゆりか)

5.新型コロナウイルス感染症流行下での体作り(12分)

photo14

コロナの影響に伴い、外出する機会や運動を行う機会が減少しています。筋力や食欲低下、疲れやすい、気分が落ち込むなどの負のスパイラルに負けない身体活動量を維持する方法について紹介しています。

演者

上野 順也(うえの じゅんや)

骨軟部腫瘍・リハビリテーション科  主任理学療法士

上野 順也(うえの じゅんや)

新型コロナウイルス感染症に関する情報

国立がん研究センター東病院 感染制御室「新型コロナウイルス感染症について」

新型コロナウイルス感染症について、世界各国で取り組まれている研究報告を踏まえ、ウイルスの特徴や感染対策方法、がん患者さんへの影響などについて紹介しています。

関連情報

国立がん研究センター広報誌「日々歩」 No.28 (2020年8月発行)にて、“がん患者さんの「新型コロナウイルス感染症」対策”について、東病院 感染制御室長の冲中が解説しています。ぜひご覧ください。

 photo16

(画像をクリックするとPDF:2.3MBが開きます)

国立がん研究センター がん情報サービス「新型コロナウイルスに関する情報へのリンク集」

国立がん研究センター がん情報サービスでは、【がん患者や家族、周りの人向け】【一般の方向け】【医療関係者向け】に、新型コロナウイルス感染症に関する情報へのリンクを掲載していますので、ご参考ください。

暮らしに役立つ情報

がん患者さんの感染症予防について

監修:国立がん研究センター東病院 感染制御室

新型コロナウイルス感染症への感染対策に限らず、がん患者さんが日常生活で注意すべきことや、その他の感染症(インフルエンザ肺炎球菌感染症)についてご紹介しています。

がん患者さんのための ホームエクササイズ動画集

監修:国立がん研究センター東病院・中央病院 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科

photo17

外出や屋外での活動自粛による、筋力・体力の低下を防止するため、ご自宅で簡単にできるホームエクササイズを解説付きの動画で紹介しています。 動画は手術後、放射線療法中・後、薬物療法中・後など全てのがん患者さんが行うことができます。ぜひご覧ください。

柏の葉料理教室から生まれた がん症状別レシピ検索「CHEER!(チアー)」

監修:国立がん研究センター東病院 栄養管理室

photo18

がん治療に伴う食事の悩みに合わせたレシピが検索できるレシピサイトです。
登録されたレシピは、東病院 栄養管理室が2008年から10年以上継続して開催している、がん症状別料理教室「柏の葉料理教室」から生まれた品々で、反響の多かった料理を掲載しています。レシピのほかにも、症状別のアドバイスや調理のポイントなどの情報もご紹介していますので、ぜひ日々の献立づくりにお役立てください。

注:柏の葉料理教室は、新型コロナウイルス関連感染症への対応として、2020年3月から開催を中止しています。今後の開催予定が決まりましたら、ホームページでお知らせいたします(2020年9月30日)。

セカンドオピニオンをご検討の方へ

現在受診されている医療機関の診断結果のみでなく、東病院の医師の客観的な意見や助言を参考にして治療方針を決定されたい方へお勧めです。患者さんご本人の来院が難しい場合は、ご家族など代理の方が受けることも可能です。

東病院 サポーティブケアセンター/がん相談支援センターのご案内

photo19

病気になると、体のこと、気持ちのこと、生活のことなど、さまざまな心配事が出てきます。

東病院サポーティブケアセンター/がん相談支援センターでは、患者さんやご家族が、入院、外来、地域など、どこでも安心して過ごせるように、医療ソーシャルワーカー・医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ等が、皆さまの困りごとを伺い、一緒に考え、課題解決のお手伝いをします。

また東病院では、がん治療を受ける患者さん・ご家族を対象に患者教室を開催しています。社会保険労務士やハローワーク職員による、就労相談も実施していますので、せひ、ご活用ください。

注:患者教室は、新型コロナウイルス関連感染症への対応として、2020年3月から開催を中止しています。今後の開催予定が決まりましたら、ホームページでお知らせいたします(2020年9月〇日)。

国立がん研究センター ソーシャルメディア公認アカウント一覧

国立がん研究センターの活動や関連情報を発信しています。

お問い合わせ

国立がん研究センター東病院 市民公開講座事務局
郵便番号277-8577 千葉県柏市柏の葉6-5-1
電話番号:04-7133-1111(代)