コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 中央病院について > 病院指標 > 平成27年度 国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 病院指標

平成27年度 国立研究開発法人 国立がん研究センター中央病院 病院指標

目次

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)(外部サイトにリンクします)

年齢階級別退院患者数

年齢区分0歳以上10歳以上20歳以上30歳以上40歳以上50歳以上60歳以上70歳以上80歳以上90歳以上
患者数 517 293 378 681 1,568 2,216 4,261 3,588 1,110 34

一般的にがんの発症する40歳台からの入院が増えますが、小児がんやAYA世代(15から30歳)のがん患者も少なくありません。特に小児患者では、繰り返し入院して治療を行う場合や、通常の検査でも鎮静が必要になる場合が多く、退院患者数が増えています。

また、本集計全体の注意点ですが、治験、先進医療、自費診療等の患者(全退院患者のうち約8%)が集計から除外されています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

乳腺・腫瘍内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍手術なし手術・処置等2 4あり定義副傷病 なし 102 5.47 5.33 0.00% 58.77  
180050xx99xxxx その他の悪性腫瘍手術なし 94 6.18 15.27 6.38% 62.39  
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍その他の手術あり手術・処置等2 なし 65 2.29 6.60 0.00% 54.15  
  • 1位:子宮頸癌・子宮体癌等の化学療法
  • 2位:原発不明癌の化学療法
  • 3位:乳癌患者等を対象としたポート挿入・抜去、輸血

本集計では、DPC対象外となる高額薬剤を使用した患者は集計対象外となっており、特に平成27年度ではジーラスタ、パージェタ、ヴォトリエント、カドサイラ、リュープリン、ヨンデリス等DPC対象外となる薬剤を使用する患者が非常に多く、342件が集計対象外となっています。

血液内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫手術なし手術・処置等2 4あり定義副傷病 なし 98 9.16 17.69 1.02% 63.85  
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫手術なし手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 44 4.14 10.85 2.27% 65.39  
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫手術あり手術・処置等2 4あり定義副傷病 なし 16 64.44 36.93 12.50% 62.44  

1位:リツキサンの、初回あるいは前回からの治療期間があいたため再投与を行う入院例です。
2位:検査あるいは、合併症の治療のための入院です。
3位:リンパ節生検が必要だったり、合併症のために手術や輸血が必要だった患者さんの入院例です。

なお、DPC外の薬剤が使用された53例は集計に入っていません。造血器悪性腫瘍の診断、治療に特化して診療を行います。診断から治療までを迅速に行い、基本的に外来治療(化学療法、輸血)です。合併症が生じた場合には直ちに入院していただきます。白血球減少時には速やかに無菌室に入院します。造血幹細胞移植が必要な場合には造血幹細胞移植科で幹細胞移植を行います。

血液内科(骨髄移植)

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし手術・処置等2 なし 16 10.31 14.34 0.00% 44.63  
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫手術なし手術・処置等2 なし定義副傷病 なし - - 10.85 - -  
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群手術なし手術・処置等2 4あり - - 11.17 - -  

造血幹細胞移植はDPC対象外のため、今回の集計では移植後の肺炎など合併症に対する入院治療や、移植前または移植後の治療入院患者が集計されています。

  • 1位:肺炎
  • 2位:検査、症状緩和(10件未満のため、患者数その他の表示省略)
  • 3位:アザシチジン(ビダーザ)(10件未満のため、患者数その他の表示省略)

呼吸器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍手術なし手術・処置等1 なし手術・処置等2 4あり 374 9.11 13.38 0.27% 66.05  
040040xx9907xx 肺の悪性腫瘍手術なし手術・処置等1 なし手術・処置等2 7あり 222 8.38 12.92 0.45% 61.39  
040040xx9903xx 肺の悪性腫瘍手術なし手術・処置等1 なし手術・処置等2 3あり 86 27.28 31.92 0.00% 62.95  
  • 1位:化学療法全般のDPC件数
  • 2位:ペメトレキセドを含む化学療法のDPC件数
  • 3位:化学療法と放射線療法を行ったDPC件数

注:集計方式の関係上「化学療法」のうち一部の薬剤が除外されておりその合計が437件あります。
注:集計の対象外となった薬剤には、ゲフィチニブ、エルロチニブ、アファチニブ、クリゾチニブ、アレクチニブ、カルボプラチン+パクリタキセル、ベバシズマブ、アブラキサン、ニボルマブ等の薬剤が含まれます。

消化器内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)手術なし手術・処置等2 4あり定義副傷病 なし 380 8.27 9.95 0.00% 66.69  
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍手術なし手術・処置等2 3あり定義副傷病 なし 205 6.90 6.67 0.00% 59.90  
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)手術なし手術・処置等2 3あり定義副傷病 なし 192 10.32 23.57 0.52% 66.35  

食道癌に対して、食道外科、消化器内視鏡科、放射線治療科と共同でカンファレンスを開催し、個々の患者様の病態に合わせて治療方針を決定し、早期食道癌に対する内視鏡治療後の化学放射線療法、切除可能症例に対する周術期の化学(放射線)療法、局所進行症例に対する化学放射線療法および遠隔転移症例の治療方針の患者さんに対して化学(放射線)療法を行っています。(1位:化学療法、3位:化学放射線療法)また、治療成績向上を目指した臨床試験も行っております。

胃癌に対して、同様に胃外科、消化器内視鏡科と共同でカンファレンスを開催し、個々の患者様の病態に合わせて治療方針を決定しています。術前後の補助化学療法だけでなく、切除不能・再発例については、分子標的薬を含めた化学療法を1次から3次治療として行うだけでなく、様々な工夫をこらした治療を行っています(2位)。また、治療成績向上を目指した臨床試験も行っております。

内視鏡内科(消化器)

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術手術・処置等2 なし 385 7.42 9.20 0.00% 70.95  
060010xx02x00x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)内視鏡的食道粘膜切除術等手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 156 6.44 10.17 0.00% 69.33  
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 110 5.38 7.65 0.00% 65.82  

日本消化器内視鏡学会および日本消化器病学会の指導医および専門医である常勤の消化管内視鏡スタッフ医師11名および検診センターの内視鏡医 2名を中心に、年間で約12,000件の通常上部消化管内視鏡検査(食道、胃、十二指腸)、4,500件の通常下部消化管内視鏡検査(直腸、結腸)を行うと同時に、内視鏡切除を160件の表在食道がん、400件の早期胃がん、2100件(内ESD206件)の大腸腫瘍に対して行っています。また大腸では正確な拡大内視鏡診断に基づいて、ESDとEMR(内視鏡的粘膜切除術)の適応を見極め、最適な治療法を選択するよう心がけています。2cmまでの大腸ポリープや早期癌であれば日帰り治療も可能です。

肝臓・胆のう・膵臓内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)その他の手術あり手術・処置等2 なし 160 9.15 11.98 1.88% 71.70  
06007xxx99x00x 膵臓、脾臓の腫瘍手術なし手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 114 7.56 10.10 5.26% 65.75  
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)手術なし手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 86 5.56 10.55 2.33% 67.34  
  • 1位:肝がんに対する治療として肝動脈塞栓療法を行うために入院する患者さんです。
  • 2位:膵がんに対する検査(生検)や症状を和らげるために入院する患者さんです。
  • 3位:肝がんに対する検査(生検)や症状を和らげるために入院する患者さんです。

本集計では、DPC対象外となる高額薬剤を使用した患者は集計対象外となっており、特に平成27年度ではアブラキサン、FOLFIRINOX(フルオロウラシル+レボホリナート+イリノテカン+オキサリプラチン)、ザノサー、ジーラスタ、ゾシン等DPC対象外となる薬剤を使用する患者が非常に多く、175件が集計対象外となっています。

小児腫瘍内科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
070040xx99x3xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。)手術なし手術・処置等2 3あり 26 5.35 19.13 0.00% 13.58  
100180xx99010x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍手術なし手術・処置等1 なし手術・処置等2 あり定義副傷病 なし 21 4.19 13.37 0.00% 11.86  
070030xx99x1xx 脊椎・脊髄腫瘍手術なし手術・処置等2 あり 21 8.05 18.31 0.00% 13.90  

造血器腫瘍、固形腫瘍など小児のすべての悪性腫瘍(小児がん)に対しての治療を行っています。小児にはめずらしい腫瘍であっても、生検から病理診断までを迅速に行うことが可能です。

骨肉腫、ユーイング肉腫、横紋筋肉腫をはじめとする骨や軟部組織にできる腫瘍は骨軟部腫瘍科、網膜芽細胞腫は眼腫瘍科、神経芽腫などの小児固形腫瘍は小児腫瘍外科、また、放射線治療科や院内各科と連携し、化学療法、手術、放射線治療などの集学的治療を行っています。再発後などの難治の患者さんには臨床試験や治験参加による未承認薬での治療なども可能であり、患者さんの病状に合わせての治療選択が可能です。院内には高等部まである墨東特別支援学校分教室もありますので、高校生でも治療しながらの学習が可能です。

なお、上記のDPCの集計では、対象外の薬剤を使用した患者さんは含まれませんので、141人の方が集計に含まれていません。

乳腺外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等手術・処置等2 なし 202 11.05 10.37 0.00% 55.94  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等手術・処置等2 なし 189 10.66 11.63 0.00% 53.46  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)手術・処置等2 なし 162 4.64 6.79 0.00% 53.27  

患者数1位から3位まで、いずれも乳癌の悪性腫瘍手術を行うDPC分類となっています。1位は全乳房の切除で腋窩リンパ節郭清を行わずセンチネルリンパ節生検を行う分類で、形成外科と協力して同時に乳房再建を行う症例が多いため平均在院日数が全国平均より長くなっています。2位は全乳房切除または乳房部分切除で腋窩リンパ節郭清を行う分類で、手術の低侵襲化により手術後の回復が早いため平均在院日数が全国平均より短くなっています。3位は乳房部分切除で腋窩リンパ節郭清を行わずセンチネルリンパ節生検を行う分類で、手術の低侵襲化により手術後の回復が早いため平均在院日数が全国平均より短くなっています。

食道外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060010xx01x1xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術を併施するもの) 頸部、胸部、腹部の操作によるもの等手術・処置等2 1あり 95 34.08 38.26 1.05% 67.81  
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)手術なし手術・処置等2 なし 11 22.00 11.98 18.18% 69.27  
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症その他の手術あり手術・処置等2 なし - - 16.51 - -  
  • 1位:食道悪性腫瘍手術:扁平上皮癌のStage I症例は根治的化学放射線療法、内視鏡切除+補助化学放射線療法による臓器温存治療を積極的に勧めており、Stage Iの手術例は他施設に比べ少なくなっています。非手術の根治的化学放射線療法後の遺残再発に対する救済手術が20%と多く、術後在院日数が長くなっています。
  • 2位:症状緩和:術後外来での状態悪化については、食道外科で入院対応し、再発が確認され緩和医療の適応となった場合は、他施設での緩和医療を勧めています。
  • 3位:吻合部狭窄等の術後後遺症に対する、狭窄部拡張、胃瘻造設等 (10件未満のため、患者数その他の表示省略):食道癌手術後の吻合部狭窄、食思不振については一般病院での対応が難しいことが多く、当院で対応することも多いです。

胃外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍胃全摘術 悪性腫瘍手術等手術・処置等2 なし 257 18.63 20.63 0.00% 64.61  
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術等手術・処置等2 なし 100 14.58 16.02 0.00% 61.92  
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍手術なし手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 73 5.58 11.26 2.74% 63.56  

いずれも胃がんに対する手術・検査です。当院の特徴として術前化学療法を行う局所進行がんが多く、第3位の手術なしの多くは、実際は審査腹腔鏡検査で化学療法を行う前のstagingです。進行がんの標準治療である開腹胃全摘、部分切除を受ける患者は必然的に多くなっています(第1位)。早期胃がんに対しては積極的に腹腔鏡手術を行っています(第2位)。

大腸外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし 174 13.44 17.41 0.00% 66.76  
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍肛門悪性腫瘍手術 切除等手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 108 15.96 18.36 0.00% 61.69  
060040xx03x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)等手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 39 13.90 13.41 0.00% 60.82  
  • 1位については、最近の大腸癌患者さん、中でも結腸癌患者さんの罹患数増加を反映して、結腸癌手術が非常に多くなっています。また、ERASの導入で術後の回復が早いため、在院日数が全国平均よりも短くなっています。
  • 2位については、通常の開腹術、腹腔鏡手術、ロボット支援手術などのアプローチを、癌の部位と進行度に応じて的確に使い分け、合併症を最小限に抑えることで、在院日数が全国平均よりも短くなっています。
  • 3位については、当院で手術を受ける直腸癌患者さんは、下部直腸癌の方が多く、それでも80%以上の患者さんが肛門温存手術が受けられていますので、必然的に一時的人工肛門を造設し、その数ヶ月後に行う人工肛門閉鎖術が多くなっています。

肝臓・胆のう・膵臓外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
06007xxx0100xx 膵臓、脾臓の腫瘍膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし 50 26.74 25.68 0.00% 65.52  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎限局性腹腔膿瘍手術等手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 46 12.54 10.93 4.35% 67.67  
060050xx02x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)肝切除術 部分切除等手術・処置等2 なし 35 14.86 16.29 0.00% 61.46  
  • 1位:膵切除術(部分切除・全摘)は膵癌症例が漸増しています。膵頭十二指腸切除の症例が多いため在院期間が長くなっています。
  • 2位:閉塞性黄疸・胆管狭窄に対してPTCD, ENBD等を行う症例であり、多くが黄疸や胆管炎、門脈塞栓術に対する術前処置でした。一部術後胆管炎、再発に対する黄疸による処置が含まれます。
  • 3位:肝切除術(部分切除から1区域切除)を行うもので、肝臓癌は減少傾向であり、転移性肝癌や胆管癌に対する肝切除が増加しています。

整形外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
070041xx99x3xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 手術なし 手術・処置等2 3あり 78 3.94 10.26 0.00% 54.95  
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 71 3.51 7.63 0.00% 62.65  
070041xx01x0xx 軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 手術・処置等2 なし 69 20.12 19.92 1.45% 57.42  

悪性軟部腫瘍、後腹膜悪性腫瘍の局所進行例、進行再発例の入院化学療法が多く、DPC入院で149件でした。この外ジーラスタ、ヨンデリス等のDPC対象外の治療が135件に加え、最近では外来薬物療法の症例が多くなっています。骨肉腫、ユーイング肉腫、横紋筋肉腫は、小児腫瘍科、乳腺・腫瘍内科でも化学療法を実施しています。手術では四肢・体幹悪性軟部腫瘍切除術が最も多く入院し(69件)、その他胸壁・後腹膜・脊椎周辺の悪性軟部腫瘍34件、悪性骨腫瘍38件でした。約60件の複合組織移植を併用していますが、ほぼ3週以内に退院しています。当院は、原則悪性腫瘍を治療していますが、病理診断確定まで良性腫瘍の診断、治療を行います。良性骨軟部腫瘍手術及び生検手術の入院が、約70件でした。

形成外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 21 6.90 16.51 0.00% 49.19  
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり - - 10.59 - -  
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 6.60 - -  
  • 1位:乳癌切除後の皮弁移植による乳房再建術
  • 2位:リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術
  • 3位:乳癌切除後のエキスパンダー挿入術

乳癌切除後のインプラント挿入術の件数が多いのですが、平成27年度ではDPC対象外の手術と指定されているため、57件が集計対象外となっています。

脳神経外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫手術なし手術・処置等2 3あり定義副傷病 なし 35 8.89 18.19 0.00% 68.40  
010010xx01x00x 脳腫瘍頭蓋内腫瘍摘出術等手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 33 15.97 22.55 3.03% 61.85  
010010xx99000x 脳腫瘍手術なし手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 24 6.92 11.08 12.50% 59.75  
  • 1位:脳悪性リンパ腫 化学療法の繰り返し入院です。
  • 2位:脳原発腫瘍・転移性脳腫瘍 腫瘍摘出術を行う入院です。
  • 3位:脳原発腫瘍・転移性脳腫瘍 症状緩和のための入院です。

本集計では、DPC対象外となる高額薬剤を使用した患者は集計対象外となっており、特に平成27年度では悪性神経膠腫(グリオーマ)に対するアバスチン、アラベル等DPC対象外となる薬剤を使用する患者が非常に多く、70件が集計対象外となっています。

呼吸器外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍手術あり手術・処置等2 なし 552 7.94 13.03 0.00% 66.78  
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 19 6.42 10.23 0.00% 59.84  
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍手術あり手術・処置等2 1あり定義副傷病 なし 14 17.43 21.39 0.00% 66.00  

病院の性質上、他院に比べて肺悪性腫瘍(原発性肺がんおよび転移性肺腫瘍)手術の比率が非常に高く、これに特化した診療科であることが第1の特長です。第2の特長として平均在院日数が他院のそれと比べて大幅に短いことが挙げられます。これは、われわれが標準としている胸腔鏡を併用しながら7-8cmの小開胸下に行う低侵襲手術法の最大の利点であります。すなわち胸腔鏡だけに頼らず直視も併用することで精密な手術(徹底したなリンパ節郭清および肺からの空気漏れの修復や止血を確実に行うことなど)が可能であり、かつ小さい開胸で筋肉や肋骨も温存されることから早期帰宅、社会復帰が可能となっています。実際、転院率は0%と良好な結果であります。

眼科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020040xx97x0xx 網膜芽細胞腫手術あり手術・処置等2 なし 255 4.06 4.39 0.00% 2.02  
020040xx99x0xx 網膜芽細胞腫手術なし手術・処置等2 なし 23 3.57 2.88 0.00% 1.96  
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍手術あり手術・処置等2 なし - - 9.28 - -  
  • 1位:網膜芽細胞腫 眼球温存治療(網膜光凝固術など)もしくは眼球摘出
  • 2位:網膜芽細胞腫 全身麻酔眼底検査など
  • 3位:結膜、眼瞼、眼窩などの悪性腫瘍に対する切除手術

頭頸部外科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍頸部悪性腫瘍手術等手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 144 11.92 12.32 0.00% 65.65  
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍頸部悪性腫瘍手術等手術・処置等1 あり手術・処置等2 なし 63 28.30 14.02 0.00% 66.73  
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍手術なし手術・処置等2 3あり 32 8.84 41.38 0.00% 60.09  

1位については、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌などの疾患で、原発手術や頸部郭清術を行った患者群が対象になっていますので、1週間から10日間程度の在院日数になりますが、中には喉頭全摘などで在院日数が少し長くなる患者が含まれるため、全体では約12日間の在院日数となり、全国平均並みになっています。

2位については、原発切除に再建手術が加わるような患者群が対象になっていますが、当院では拡大切除に伴い複雑な再建を行う症例や、放射線治療後の救済手術の症例の割合が他院と比較して高いため、術後の合併症の頻度も高くなり、結果として平均在院日数が全国平均より高くなっていると考えられます。

3位については、当院で行う化学放射線療法は、シスプラチンの観察が終わったところで退院し、次回のシスプラチン投与までは外来通院で放射線治療を行うために、大幅に平均在院日数が短縮されています。

放射線診断科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
11001xxx01x0xx 腎腫瘍腎(尿管)悪性腫瘍手術等手術・処置等2 なし 41 7.34 12.99 2.44% 71.76  
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし - - 9.02 - -  
11001xxx99x0xx 腎腫瘍手術なし手術・処置等2 なし - - 11.30 - -  

他科で入院している患者さんの治療を依頼される例が多く(肝腫瘍に対する血管塞栓術等)、当科での入院患者さんは少なくなっています。1位としては腎癌に対する経皮的凍結療法であり、DPC上同区分の治療である腎摘出術よりも侵襲が少ないため平均在院日数が大幅に短くなっています。その他は症例数としては多くありませんが、2位として肝腫瘍に対するRFA(ラジオ波焼灼療法)、3位としては腎癌の経皮的凍結療法目的で入院されましたが患者さんの体調により中止となってしまった症例等が挙がっています。

放射線治療科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍手術なし手術・処置等2 3あり 70 6.84 41.38 0.00% 58.90  
03001xxx99x5xx 頭頸部悪性腫瘍手術なし手術・処置等2 5あり 26 5.58 32.68 0.00% 66.35  
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍手術なし手術・処置等2 2あり 22 10.77 34.32 0.00% 63.36  
  • 1位:頭頸部癌(上咽頭癌、中咽頭癌、下咽頭癌など)に対して根治を目的とした化学療法+放射線治療が最多となっています。化学療法期間中のみ入院し、1週間程度で退院となる患者が多くなっています。
  • 2位:上顎洞癌に対する根治を目的とした動注化学療法+放射線治療も多く、これも化学療法期間中のみ入院し、多くは数日で退院としています。
  • 3位:高齢患者を中心に毎日の放射線治療のための通院が困難な患者や、治療中の有害事象の治療を目的とした入院を受け入れています。このほか、DPC対象外となるケースは、転移性脳腫瘍への定位放射線治療、頭頸部癌へのセツキシマブ(アービタックス)投与などもあります。

皮膚科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
080005xx01x0xx 黒色腫皮膚悪性腫瘍切除術等手術・処置等2 なし 43 16.93 15.91 0.00% 59.51  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)皮膚悪性腫瘍切除術等手術・処置等2 なし 30 9.87 10.49 0.00% 70.33  
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍頸部悪性腫瘍手術等手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし定義副傷病 なし 30 5.53 12.32 0.00% 70.47  

本集計ではDPC対象外となる入院患者数はカウントされていません。皮膚科ではDPC対象外となるオプジーボ、ヤーボイなど高額薬剤を使用した患者が非常に多く164件が今回の集計の対象外となっています。

1位の黒色腫の切除につきましては、当科は進行例や他施設で初回切除を受けた上での再発や転移例が多いため、大きい手術や複雑な手術が多く、平均在院日数が全国平均よりやや長くなっております。

2位が2つあり、1つは黒色腫以外の皮膚がんの切除を行うものです。他方は、頭頸部悪性腫瘍に分類されていますが、皮膚科で治療する基底細胞癌のおよそ85%、有棘細胞癌の半数以上は頭頸部に発生するため、統計上、頭頸部腫瘍科で治療する他の頭頸部腫瘍と同一の分類で両診療科の症例がまとめて登録されていることが考えられます。特に基底細胞癌の手術は侵襲の小さいため平均在院日数は小さくなっていると考えられます。

泌尿器科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術手術・処置等1 なし手術・処置等2 なし 115 7.65 7.59 0.00% 71.72  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍手術なし手術・処置等2 2あり定義副傷病 なし 76 11.28 12.36 0.00% 66.18  
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍前立腺悪性腫瘍手術等手術・処置等2 なし 73 14.74 14.03 1.37% 66.05  

1位:膀胱癌に対する内視鏡的切除術(TURBT)が件数としては多くなっている。Second TURや膀胱注入療法など標準治療を施行しており、在院日数もほぼ全国平均となっている。
2位:膀胱癌 化学療法:膀胱癌に対する化学療法は、全身状態や腎機能に応じて数種類のレジメンを使い分けている。通院での化学療法も取り入れており、在院日数は全国平均よりやや短くなっている。
3位:前立腺癌 以前からの開腹手術も施行しているが、ロボット支援前立腺全摘術症例数が増加している。リンパ節郭清術をほぼ全例で行っていることもあり、在院日数は全国平均よりわずかに延長する傾向がある。

婦人科

DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍子宮悪性腫瘍手術等手術・処置等2 なし 139 17.42 13.97 0.00% 54.97  
120010xx01x0xx 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)等手術・処置等2 なし 53 18.87 13.92 0.00% 55.00  
12002xxx99x30x 子宮頸・体部の悪性腫瘍手術なし手術・処置等2 3あり定義副傷病 なし 15 46.60 22.61 0.00% 52.47  
  • 1位:子宮頸がんや子宮体がんの患者さんが手術を受けるための入院例です。
  • 2位:卵巣・卵管・腹膜がんの患者さんが手術治療を受けるための入院例です。
  • 3位:子宮頸癌の標準治療の一つである放射線療法と週1回の抗がん剤治療を受ける患者さんの入院例です。子宮頸部高度異形成や子宮頸部上皮内癌の患者さんについて子宮頸部円錐切除術を実施した場合などがDPC対象外のため集計対象外となっており、23例が集計に入っていません。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

 初発Stage I初発Stage II初発Stage III初発Stage IV初発不明 再発 

病期分類

基準(注)

 版数
胃癌 614 69 97 320 27 232 1 7
大腸癌 206 106 153 119 54 234 2 8
乳癌 236 254 57 12 34 136 1 7
肺癌 471 119 222 254 41 462 1 7
肝癌 - 37 21 44 - 223 2 5

注: 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

五大がんに関する特徴として、胃癌は早期がんが半数以上を占め、次にStage IVが多くなっています。大腸癌に関してはStageIが多いもののStageのばらつきは少ないです。乳がんはStageI、IIが全体の大半を占めています。肺癌もStageIが多いものの、進行癌の頻度も少なくありません。肝臓がん早期癌はわずかで、進行癌が多くを占めますが全体数が減少しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

 患者数平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 19 10.53 51.26
重症度 1 17 9.94 63.47
重症度 2 - - -
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -

がんの治療中に発症した肺炎は、重症度スコアが低い場合でも入院加療となる場合が多くなっています。重症度2以上の患者数は10件未満のため表示を省略しています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群- - - - -
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群- - - - -
I63$脳梗塞- 11 21.64 68.82 54.55%
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの- - - - -
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの- - - - -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>- - - - -
I679脳血管疾患,詳細不明- - - - -

意識消失等の症状がありがんの脳転移を疑う場合に入院し診断した結果脳梗塞であった場合や、入院中に脳梗塞を発症する場合がありますが、当院は脳梗塞の治療の専門施設ではありませんので、転院して治療いただく場合が多くなっています。がんが末期の場合、そのまま亡くなる患者さんも少なくありません。I63$以外については患者数が10件未満のため表示を省略しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

診療科別主要手術別患者数等(TSV:6KB)

乳腺・腫瘍内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 123 1.60 5.26 2.44% 52.34  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K726 人工肛門造設術 - - - - -  

年間10件未満の患者数であった手術については、各集計値を-と記載しています。
抗がん剤のための中心静脈ポートの造設が多く、その他高カロリー輸液のための中心静脈ポートの設置、腹部イレウス患者に対する人工肛門造設術が挙がっています。

呼吸器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 14 7.64 22.93 14.29% 59.43  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -  

年間10件未満の患者数であった手術については、各集計値を-と記載しています。

  • 1位:抗がん剤のための中心静脈ポート挿入です。
  • 2位:高カロリー輸液のための中心静脈ポート挿入です。
  • 3位:経口摂取不良な患者さんに胃瘻を造設するものです。

消化器内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 187 2.27 7.74 1.60% 62.61  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 22 8.05 21.27 22.73% 62.36  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 20 5.80 9.45 10.00% 51.05  
  • 1位:抗がん剤の中心静脈投与のためのポート造設を行っています。
  • 2位:頭頸部癌、食道癌などの経口摂取不良な症例に対して、中心静脈栄養のためのカテーテルを留置し、栄養管理を行っています。
  • 3位:癌性胸膜炎や腹膜炎に伴う胸水および腹水のコンロール、症状緩和を目的として、胸水・腹水濾過濃縮再静注療法を行っています。

内視鏡内科(消化器)

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 387 1.03 5.42 0.00% 71.02  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 201 1.02 3.35 0.00% 66.35  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 133 0.95 1.46 0.00% 72.89  

日本消化器内視鏡学会および日本消化器病学会の指導医および専門医である常勤の消化管内視鏡スタッフ医師11名および検診センターの内視鏡医 2名を中心に、年間で約12,000件の通常上部消化管内視鏡検査(食道、胃、十二指腸)、4,500件の通常下部消化管内視鏡検査(直腸、結腸)を行うと同時に、内視鏡切除を160件の表在食道がん、400件の早期胃がん、2100件(内ESD206件)の大腸腫瘍に対して行っています。また大腸では正確な拡大内視鏡診断に基づいて、ESDとEMR(内視鏡的粘膜切除術)の適応を見極め、最適な治療法を選択するよう心がけています。2cmまでの大腸ポリープや早期癌であれば日帰り治療も可能です。

肝臓・胆のう・膵臓内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 155 1.49 6.34 0.00% 71.33  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 71 1.54 9.68 0.00% 60.08  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 43 1.21 10.72 0.00% 62.49  
  • 1位:主に肝がんに対する治療として肝動脈塞栓療法等を行うために入院する患者さんです。
  • 2位:主に膵がんや胆道がんに対する治療として内視鏡的に胆道にステントを挿入するために入院する患者さんです。
  • 3位:主に抗がん剤治療用の埋め込み型カテーテルを設置するために入院する患者さんです。


一入院中に複数の手術を行っていても、主な手術1件のみを集計対象としています。

小児腫瘍内科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 27 1.44 17.11 0.00% 8.78  
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - - - - -  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -  
  • 1位:主に抗がん剤治療用の埋め込み型カテーテルを設置するために入院する患者さんです。
  • 2位:腹腔内の膿瘍などのドレナージを行うために入院する患者さんです。
  • 3位:様々な部位の腫瘍への治療として動脈塞栓療法等を行うために入院する患者さんです。

乳腺外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 208 1.46 8.58 0.00% 55.81  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 164 1.29 2.55 0.00% 53.58  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 136 1.32 8.65 0.00% 53.84  

1位は全乳房切除術+センチネルリンパ節生検、2位は乳房部分切除+センチネルリンパ節生検、3位は全乳房切除術+腋窩郭清となっており、腋窩郭清を行わなくてよい症例が多数を占めています。また、全乳房切除例では一次乳房再建を積極的に行っています。

食道外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(頸部、胸部、腹部の操作) 66 3.06 29.26 1.52% 67.48  
K529-21 胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術(頸部、胸部、腹部の操作) 22 3.00 23.00 0.00% 67.36  
K5292 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(胸部、腹部の操作) - - - - -  

狭窄例のほかに、糖尿病合併例の術前コントロールや抗凝固療法の術前コントロールの症例が増えており、術前日数は長くなっています。
食道悪性腫瘍手術:開胸手術は進行例や根治的化学放射線療法後の救済手術が適応となるため、術後在院日数が長くなっています。
胸腔鏡下食道悪性腫瘍手術:術前治療なしでのStage I症例のほか、特殊組織型や進行例の術前治療後にも胸腔鏡下手術を行っており、術後在院日数長くなっています。

胃外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 144 3.26 16.24 0.00% 65.23  
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍手術) 98 3.40 17.18 1.02% 66.74  
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 82 2.54 11.52 0.00% 62.49  

進行がんの患者が多いので、標準治療である開腹手術の割合が高くなっています。日本人の胃がんは、胃中下部に多いので全摘の割合が少ないです。早期胃がんに対しては積極的に腹腔鏡手術を行っています。

大腸外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 116 2.77 9.32 0.86% 65.68  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 82 5.62 13.73 0.00% 68.94  
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) 47 2.64 9.00 0.00% 62.15  

低侵襲手術の普及で、腹腔鏡下手術が近年増加しています。また、結腸癌患者さんの罹患数増加を反映して、結腸癌手術が非常に多くなっています。その場合、腸閉塞状態で入院することも少なくなく、術前の入院日数が少し長くなっています。

肝臓・胆のう・膵臓外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術) 54 3.67 29.83 0.00% 63.89  
K6951 肝切除術(部分切除) 32 3.28 12.03 0.00% 62.78  
K6955 肝切除術(2区域切除) 27 4.48 18.63 3.70% 68.74  

膵臓癌症例が当院では近年増加し、肝細胞癌が減少しています。大腸がんの転移性肝がん症例、胆管癌に対する肝切除が増加しています。

整形外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術 79 2.28 17.49 1.27% 56.68  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 52 1.54 16.29 5.77% 52.37  
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 45 1.36 4.16 0.00% 52.42  

四肢・体幹悪性軟部腫瘍切除術が最も多く、その他胸壁・後腹膜・脊椎周辺の悪性軟部腫瘍34件、悪性骨腫瘍38件でした。約60件の複合組織移植を併用していますが、ほぼ3週以内に退院しています。当院では、悪性腫瘍の治療を行いますが、病理診断確定まで、良性腫瘍の診断、治療も行います。良性骨軟部腫瘍手術及び生検手術例ため、70件入院しました。悪性骨・軟部腫瘍の抗がん剤は、組織毒性が強く、血管外漏出すると重篤な皮膚障害や血管炎を起こしやすく、ほとんどが、長時間点滴投与が必要な薬剤ばかりです。対策として、全例、ポートを設置して治療を行っています。引き続いて、化学療法を実施するので、在院日数が2週間を超えることも多くなります。また、病状によっては、緩和医療のためにポートを利用しながら、転院することもあります。

形成外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 57 1.00 4.35 0.00% 48.04  
K0221 組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)) - - - - -  
K628 リンパ管吻合術 - - - - -  

1位:乳房全摘後、エキスパンダーでの拡張後にシリコンインプラントへ入れ替える手術の件数です。本術式の保険適用により、本術式による再建を希望される患者さんが著増しております。

脳神経外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 81 4.90 19.57 7.41% 61.37  
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 13 13.77 26.77 23.08% 61.31  
K154-3 定位脳腫瘍生検術 11 3.18 17.00 9.09% 63.91  

1位:脳原発腫瘍・転移性脳腫瘍 腫瘍摘出術の件数です。術中MRI・覚醒下手術(認定施設)や術中脳波モニタリングを併称して、機能を温存した安全かつ最大限の摘出を行う手術を行っています。
3位:悪性腫瘍に対する局所麻酔下のナビゲーションを用いた定位腫瘍生検をおこなっています。

呼吸器外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 339 2.40 5.08 0.00% 67.60  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 109 2.35 3.81 0.00% 63.82  
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 82 2.04 3.96 0.00% 67.11  

原発性肺がんに対する標準治療は肺葉切除であることから、肺葉切除が最多であります。われわれは胸腔鏡を併用しながら7-8cmの小開胸下に行う低侵襲肺葉切除を行っており、これによって精密な手術、すなわち徹底したなリンパ節郭清および肺からの空気漏れの修復や止血の確実な施行と、早期社会復帰(短い術後在院日数と低い転院率)を可能としております。また、近年では高性能CTの普及により小型早期肺がんの発見も増えており、これに対する縮小手術(区域切除、部分切除)の積極的な試みも患者への十分な説明の下でなされています。

眼科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2761 網膜光凝固術(通常) 207 1.39 1.85 0.00% 1.68  
K278 硝子体注入・吸引術 27 1.22 2.00 0.00% 3.85  
K277 網膜冷凍凝固術 24 1.00 1.00 0.00% 2.13  
  • K2761:網膜芽細胞腫に対する網膜光凝固術(レーザー治療)
  • K278:網膜芽細胞腫に対する硝子体注入術
  • K277:網膜芽細胞腫に対する網膜冷凍凝固術

頭頸部外科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K374 咽頭悪性腫瘍手術 73 1.73 11.36 0.00% 64.26  
K4691 頸部郭清術(片) 24 1.58 6.63 0.00% 63.17  
K4151 舌悪性腫瘍手術(切除) 22 1.50 6.73 0.00% 67.95  

近年当院では食道癌患者に重複する可能性の高い下咽頭癌の積極的スクリーニングにより、下咽頭癌の患者が多く存在していましたが、最近は中咽頭癌の患者数がかなり増加し、結果として咽頭悪性腫瘍手術の全体数が増加しました。
頚部郭清術については、患者数は多くはありませんが、これは頚部郭清術を単独で行った数であり、原発切除と伴に行った場合は含まれておりません。

また舌悪性腫瘍手術は、当院では進行癌も多く、「切除」に加えて「亜全摘」や「下顎骨悪性腫瘍手術」を加えると、実際の患者数はもっと多くなります。

放射線診断科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 33 1.30 4.91 3.03% 69.36  
K773-4 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固) 13 1.85 4.31 0.00% 71.46  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -  

他科の入院症例に対する治療が多いため、当科での入院症例は多くありません。1位は、悪性腫瘍や出血等に対する血管塞栓術、2位小径腎がんに対する経皮的凍結療法となっており、ともに低侵襲治療であるため術後日数は4日台と短くなっています。3位は腫瘍により生じた血管狭窄に対する血管拡張術ですが、症例数はごく僅かです。

放射線治療科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 3.50 7.75 0.00% 64.25  
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 - - - - -  
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 - - - - -  

1位胃瘻造設術は、頭頸部癌放射線治療中の患者の一過性経口摂取困難に対する治療のために行っており、数日で退院することができます。2位経皮的放射線治療用金属マーカー留置術は前立腺癌IMRTの際、正確なセットアップによって有害事象を減らすために行っています。経皮的腎瘻造設術は、子宮頸癌にともなう水腎症の治療のために行っています。

皮膚科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 116 0.75 10.28 0.00% 65.38  
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) 11 0.36 10.36 0.00% 68.36  
K6276 リンパ節群郭清術(鼠径部及び股部) - - - - -  

本集計では、入院中に複数の手術を行っていても、主な手術1件のみを集計対象としています。

  • 1位:皮膚科(皮膚腫瘍科)で行う手術は、ほとんどが一度に複数の手術を行います。このため、実際の皮膚悪性腫瘍切除は148件です。
  • 2位:植皮術は、植皮の面積によって3種類に分類され、また植皮の種類によって全層植皮と分層植皮の2種類に分けられます。実際の植皮述施行件数は44件です。
  • 3位:所属リンパ節郭清術は頸部、腋窩、そけい部に大きく分けられ、またその中でいくつかに分類されます。一度に複数の手術が行われる場合、皮膚悪性腫瘍の原発巣切除にまとめられています。また年間10例未満の手術件数は数字に表れないしくみになっています。実際の「そけい及び股部のリンパ節郭清術」は合わせて17件です。

泌尿器科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 130 1.42 5.69 0.00% 71.42  
K843 前立腺悪性腫瘍手術 74 2.19 11.51 1.35% 65.95  
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 38 2.37 11.66 0.00% 64.21  

一入院中に複数の手術を行っていても、主な手術1件のみを集計対象としています。

  • 1位:膀胱癌に対する内視鏡的切除術(TURBT)が件数としては多くなっています。Second TURや膀胱注入療法など標準治療を施行しており、術後在院日数はやや延長しているかもしれません。
  • 2位:前立腺癌 以前からの開腹手術も施行していますが、ロボット支援前立腺全摘術症例数が増加しています。リンパ節郭清術をほぼ全例で行っていることもあり、在院日数は全国平均よりわずかに延長する傾向があります。
  • 3位:小径腎腫瘍に対して凍結治療が選択されることが多く、腎摘手術術・腎部分切除術総数は疾患症例数に比較すると少なくなる傾向があります。腎の手術はすべて開放手術で行われています。

婦人科

Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 127 2.59 14.40 0.00% 54.72  
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 54 2.98 14.96 1.85% 56.09  
K877 子宮全摘術 28 2.46 10.04 0.00% 54.21  
  • 1位:子宮頸がんや子宮体がんに対する手術で骨盤リンパ節郭清/生検が含まれます。
  • 2位:卵巣・卵管・腹膜がんに対する手術で、子宮・卵巣・卵管・大網・リンパ節を切除します。
  • 3位:子宮頸部上皮内癌に対して子宮を摘出する手術です。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる - -
180010敗血症同一 - -
異なる - -
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 169 1.15%
異なる - -

播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症と手術・処置等合併症のうち入院契機が異なるものについては10件未満のため表示を省略しています。

手術・処置等の合併症169件の内訳としては、乳癌術後の乳房再建(76件)、手術や生検後の出血(30件)、術後の創部や挿入物からの感染・膿瘍(22件)、吻合部の狭窄・閉塞(14件)、および10件以下のものが薬物(造影剤等)によるアナフィラキシーショック、術後の瘻孔、縫合不全・手術創離開、挿入物の破損、人工関節のゆるみ、人工関節の調整、気管孔狭小、胆管ステント閉塞、抗がん剤による急性心不全でした。

更新履歴

2016.9.30 初版掲載