コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 情報提供 > 医学生・初期研修医向け研修・セミナー > オープンキャンパス > 平成28年度 中央病院オープンキャンパス 当日の様子と参加者の声

平成28年度 中央病院オープンキャンパス 当日の様子と参加者の声

8月19日(金曜日)、中央病院にて平成28年度オープンキャンパスを開催いたしました。今年も全国各地から、約50名の方々にご参加いただきました。

プログラム

  • 9時
    開会(司会 大江副院長)
  • 9時5分から9時10分
    病院長挨拶
  • 9時10分から9時15分
    オリエンテーション(堀之内人材育成センター副センター長)
  • 9時15分から12時
    院内見学等
  • 12時から13時
    ランチョンセミナー
    (現役レジデントによる研修紹介、説明)
  • 13時から15時30分
    院内見学等
  • 15時30分から16時30分
    診療・研究内容等の紹介
    (外科・内科・内視鏡科・薬剤部のスタッフによる説明・紹介)
  • 16時30分
    閉会(大江副院長)
  • 17時15分から19時15分
    19階レストランにて懇親会

病院長挨拶・オリエンテーション

西田病院長の挨拶で始まり、人材育成センター堀之内副センター長より当日の流れについて オリエンテーションが行われました。

西田病院長

院内見学(午前)

内科・外科グループごとに通院治療センター、病理科、ICU、図書館をツアー見学後、見学希望先 診療科に分かれて実際の診療現場を体験していただきました。

  • 院内見学風景1
  • 院内見学風景2
  • 院内見学風景3
  • 院内見学風景4

参加者の声

      • ホームページやポスターなどでは分からない実際の雰囲気を感じられて良かった。
      • 外来、病棟などあらゆるところを見学できて良かった。

ランチョンセミナー

現役のレジデント・がん専門修練医(外科、内科、内視鏡)・薬剤師によるランチョンセミナーでは手術・学会・論文執筆や人とのつながりで成長できること、日本全国・世界各国との連携、医療貢献、最新の技術等、当センターならではの強み・やりがいが伝えられました。

院内見学(午後)

午後は内視鏡センター、IVRセンター、宿舎、研修室をツアー見学後、再度見学希望先診療科に分かれて診療現場を体験していただき、薬剤部見学希望者には午前中の通院治療センター、ICU、手術室、調剤室等の見学ツアーにつづき、注射室等の診療現場を見学していただきました。

  • 院内見学風景5
  • 院内見学風景6

参加者の声

      • レジデントとして働いた時の生活がイメージできて良かった。
      • クオリティーの高い手術を間近で見学することができ大変勉強になりました。
      • 見学するだけでもモチベーションが上がり、レジデントとしてぜひ働きたいと思いました。

診療・研究内容等の紹介(講演会)

1日診療現場での見学終了後、最後に各部門のスタッフ(外科:志田大腸外科医長、内科:朝尾呼吸器内科特任研究員、内視鏡科:角川内視鏡科医長、薬剤部:佐野薬剤師)より、最先端のがん診療・研究内容についての講演が行われました。

  • 講演会風景1
  • 講演会風景2

閉会

  • 閉会風景
  • 集合写真

参加者の声

      • 最新の治療、研究についてお話を聞くことができ良かった。
      • 各診療科で必ずスタッフの方やレジデントの方から話を伺うことや、質問できる時間があって良かった。
      • 隅々まで午前と午後2回に分けて見学したい診療科を十分に見ることができ良かった。
      • 個別にレジデントを経験された先生に話を聞くことができ良かった。

懇親会

オープンキャンパス閉会後、国立がん研究センター中央病院最上階のレストランで懇親会を開催いたしました。中央病院所属の医師、薬剤師などのスタッフ、現役レジデントが出席し、参加者へ更に詳しい研修内容の説明や参加者からの質問に答えるなど有意義な時間を過ごしていただきました。

  • 懇親会風景1
  • 懇親会風景2
  • 懇親会風景3

当院でのレジデント研修をお考えの方、ご興味をお持ちの参加者の皆様に最先端のがん医療、がん研究、教育・研修内容の紹介を通じ、築地キャンパスの”いま”を体験していただいた1日でした。