コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 支持療法開発センター

支持療法開発センター

トップ画像

支持療法開発センターの紹介

支持療法開発センターは、世界的に取り組み難い支持療法の開発及び検証を行う目的に、センター内外のみならず国内外で活動している支持療法、緩和ケア、精神心理的ケア、リハビリテーション、栄養療法などの専門家と連携して、平成27年1月1日、発足しました。翌年1月1日、国立がん研究センター中央病院の共通部門となりました。

国立がん研究センター中央病院は平成27年8月7日付で厚生労働省により医療法に基づく臨床研究中核病院の承認を受け、国際水準の質の高い臨床研究や医師主導治験の中心的な役割を担うことが期待されています。この役割を支持療法の領域で果たすことを目的に、支持療法開発センターは、社会と健康研究センター 行動科学・サバイバーシップ研究グループ 健康支援研究部と協力して、研究者や医療スタッフ、研究機関、学術団体、製薬企業など多くの関係者との連携を図り、質の高い臨床研究の確実な実施とそれによる新たなエビデンスの創出を通じて、より良い治療法を国民の皆さまに届けられるよう活動して参ります。

その一環として、国立がん研究センター研究開発費「支持療法の開発および検証のための基盤整備(27-A-3)」の支援を受け、平成28年2月19日、支持療法開発センターを事務局に、恒常的な多施設共同研究グループとしてJ-SUPPORT(日本がん支持療法研究グループ:Japan Supportive, Palliative and Psychosocial Oncology Group)(外部サイトにリンクします)が設立されました。2018年10月より、社会と健康研究センターにおけるサバイバーシップケアや普及実装科学の研究にも展開しています。

事務局は、中央病院支持療法開発センターに設置されています。

「支持療法・緩和治療領域研究ポリシー(総論)」を公開します

 

支持療法開発センターでは、日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受け「支持療法・
緩和治療領域研究ポリシー(総論)」の作成をオールジャパン体制ですすめ、このほど完成に
至りました。
今後は、このポリシーに則った質の高い臨床研究を支持療法・緩和治療領域で推進して
いきます。

支持療法・緩和治療領域研究ポリシー(総論) (PDF:2.1MB)

 

「がん医療における自殺対策の手引き(2019年度版)」を公開します

令和元年度革新的自殺研究推進プログラムの支援を受け、がん医療に携わる医療従事者を対象に作成した「がん医療における自殺対策の手引き(2019年度版)」を公開します。本手引きは、がん医療における自殺や自殺対策に関する現状を明らかにすること、医療従事者への注意喚起を促すために知識の普及を図ること、がん医療における自殺対策の方向性を検討し提言すること、今後の具体的な課題を明らかにすることを主な目的としています。

 

本手引きについて使用許諾は必要ありませんが、引用の際は出典として以下を明示ください。

日本語:
令和元年度革新的自殺研究推進プログラム委託研究 がん患者の専門的・精神心理的なケアと支援方法に関する研究. 国立がん研究センター編. 内富 庸介、原島 沙季、藤森 麻衣子、明智 龍男、井上 佳祐、川島 義高、瀧本 禎之、野口 普子、松岡 豊. がん医療における自殺対策の手引き(2019年度版). 2020.

英語:
Study of support methods and specialized and psychophysiological care for cancer patients, supported by the Innovative Research Program on Suicide Countermeasures (IRPSC). National Cancer Center Japan (ed.). Yosuke Uchitomi, Saki Harashima, Maiko Fujimori, Tatsuo Akechi, Keisuke Inoue, Yoshitaka Kawashima, Yoshiyuki Takimoto, Hiroko Noguchi, Yutaka J. Matsuoka. Guide for suicide countermeasures in oncology (1st edition). 2020.

 

がん医療における自殺対策の手引き(2019年度版)  (PDF:1.7MB)

全国がん登録を用いた がん患者の自殺に関する記述疫学的研究(J-SUPPORT1902試験)
(外部サイトにリンクします)

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。