コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 肝胆膵内科 > 診療について

診療について

当科の特徴として以下の点があげられます。

他科との良好なコミュニケーション

肝胆膵領域のがんを適切に治療するためには、外科と内科の連携はもちろん、放射線診断科、放射線治療科、内視鏡科、緩和ケアチームなどとの良好なコミュニケーションが必要不可欠です。当科はこれらの他科とコミュニケーションを大切にしており、適切かつ迅速な治療方針の決定と実施に役立っています。

新しい治療への積極的な取り組み

日常治療として広く行われている標準治療に加え、新しい治療の開発も積極的に取り組んでいます。現在膵がんや胆道がんで広く使用されているゲムシタビンやティーエスワンは当科を含むいくつかの施設で行われた治験を経て保険適応が承認されたものです。現在も、より優れた治療を目指して治験や研究者主導の臨床 試験を多数行っており、ご希望の患者さんにこれらの治療を提供しています。

EUSやERCPの内視鏡を使った診断治療

胆膵内視鏡は近年、非常に進歩しています。EUSを使った小さな病変の診断や、体に負担の少ないドレナージなど高難度技術の低侵襲な内視鏡治療を提供しています。

地域病院との連携や緩和治療のサポート

現在当科で行っている化学療法のほとんどは外来通院で実施することが可能です。患者さんが安心して治療を受けられるように、自宅に近い病院や診療所との連携に積極的に取り組んでいます。また、相談支援センターと連携しながら適切な緩和治療が受けられるようにサポートを行っています。膵がん・胆道がんの患者さんに対しては入院している方を対象に、医師やケースワーカーが定期的に「膵がん・胆道がん教室」を開催しており、より良い環境で治療が受けられるように支援しています。

診療実績

 

2016

2017

2018

2019

2020

初診患者数

922

737

1258

1302

913

セカンドオピニオン患者数

545

356

治療開始患者数

284

307

375

404

333

内視鏡処置件数

353

494

1639

1761

1828

肝細胞がん

初診患者数

140

107

107

119

57

セカンドオピニオン患者数

50

32

治療開始患者数

32

32

30

22

18

治療件数

PEI

2

5

6

0

0

RFA

31

51

35

44

25

TAE

139

129

107

94

83

TAI

20

33

52

10

16

全身化学療法

24

31

18

22

14

膵がん

初診患者数

535

430

507

518

428

セカンドオピニオン患者数

265

169

治療開始患者数

185

222

229

272

229

治療開始患者数

局所進行

54

55

76

55

46

遠隔転移

95

101

87

120

100

術後再発

22

28

22

26

16

術後補助療法

14

38

22

17

23

胆道がん

初診患者数

211

161

216

210

144

セカンドオピニオン患者数

118

70

治療開始患者数

56

48

81

79

62

治療開始患者数

肝内胆管がん

22

17

31

25

24

肝外胆管がん

17

11

13

16

16

胆のうがん

16

19

13

23

18

乳頭部がん

1

1

2

5

2

神経内分泌腫瘍

初診患者数

36

39

53

99

57

セカンドオピニオン患者数

61

54

治療開始患者数

11

10

25

NET     15

NEC     13

NET     13

NEC     9

その他

初診患者数

356

227

セカンドオピニオン患者数

51

31

治療開始患者数

3

2

内視鏡処置件数

ERCP

198

293

854

856

921

EUS

87

89

349

462

493

EUS-FNA

68

112

436

443

414

治療実績

  生存期間中央値 生存割合
切除不能肝がん(RFA適応) 調査期間の関係で算出不能 5年生存割合63.9%
切除不能肝がん(TAE適応) 1,283日 3年生存割合56.6%
切除不能肝がん(全身療法適応) 260日 1年生存割合40.9%
切除不能膵がん 311日 1年生存割合42.4%
切除不能胆道がん 353日 1年生存割合47.7%