コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 腫瘍内科 > 研究について

研究について

患者さんとさまざまな領域の研究者との協働により、新薬の開発、がんの病態に関する臨床研究、薬物療法の効果・副作用に関する基礎・臨床研究、基礎と臨床との橋渡し研究のほか、がん患者さんのサバイバーシップの支援のあり方に関する研究など、さまざまな研究を行い、国内外に発信しています。研究活動を通して、患者さんによりよい診療とコミュニケーション、より豊富な治療選択枝を提供したいと考えています。

がん治療・がん医療政策に関連するもの 研究代表

  1. 日本医療研究開発機構(AMED臨床研究・治験推進研究事業)
     がん領域Clinical Innovation Network事業による超希少がんの臨床開発と基盤整備を行う総合研究
  2. 日本医療研究開発機構(AMED臨床研究・治験推進研究事業)
     TERTを標的とした再発膠芽腫に対するエリブリンの医師主導治験
  3. 厚生労働省 がん研究開発費
     アジア地域諸国と協働したマルチステークホルダー参画型の医療・研究体制の戦略的構築
  4. 日本医療研究開発機構(AMED臨床研究・治験推進研究事業)
     遺伝子パネル検査による遺伝子プロファイリングに基づく複数の標的治療に関する患者申出療養の実施体制構築
  5. 厚生労働省 がん研究開発費
     条件付早期承認制度のスムーズな実現を目指した新しいファルマコビジランス体制の構築に資する研究
  6. 文部科学省 学術研究助成基金助成金
     乳癌組織全エクソン解析データに基づく相同組み換え修復機能の新規測定モデル開発
  7. 文部科学省 学術研究助成基金助成金
     希少がんPatient-Derived Xenograftを用いた薬剤開発

がん治療・がん医療政策に関連するもの 研究分担

  1. 日本医療研究開発機構(AMED臨床研究・治験推進研究事業)
     進行期固形がん患者における初回治療時のがん遺伝子プロファイリング検査の臨床的有用性を検討する臨床研究
  2. 厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)
     科学的根拠に基づくがん情報の迅速な作成と提供のための体制整備のあり方に関する研究
  3. 厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)
     希少がんの情報提供・相談支援ネットワークの形成に関する研究
  4. 厚生労働省 がん研究開発費
     AYA~middle age世代がん患者の苦痛に対する支援と課題解決のための研究
  5. 日本医療研究開発機構(AMED臨床研究・治験推進研究事業)
     アジア地域における臨床研究・治験ネットワークの構築事業