コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 肝胆膵内科 > 診療について > EUSやERCPの内視鏡を使った診断治療 > 超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS-FNA)

超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS-FNA)

1 EUS-FNAについて

超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS-FNA)とは、超音波内視鏡 (EUS)を用いて腫瘍に対して細い針を刺し、腫瘍細胞を回収する検査です。この回収された検体を用いて組織診を行い腫瘍の診断を行います。この超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS-FNA)での正確な組織診断は腫瘍の治療方針決定に非常に有用です。この検査では鎮痛剤と鎮静剤の静脈投与を行いますので、苦痛は伴わず受けることができます。また検査の翌日より食事も可能です。
z2-1.jpg

2 EUS-FNAを用いた正確な組織診断

日帰りEUS-FNAも可能です。
超音波内視鏡 (EUS)による精査で腫瘍が描出できれば、EUS-FNAによる組織診を行うこと ができます。このEUS-FNAでの正確な組織診断が腫瘍の治療方針決定に非常に有用です。 具体的には(1)切除可能(手術できる)病変であれば、手術すべき病変かどうか? (2)切除不能(手術できない)病変であれば、どの治療法が適切か?を判断します。膵病変に 対するEUS-FNAの良悪性の正診率(正しく診断できる確率)は熟練した施設では90%以上に なると報告されており、開腹せず腫瘍の診断ができる低侵襲な検査です。また偶発症は 約2%以下と言われており安全に行える検査です。穿刺対象臓器は膵臓以外にも肝臓、胆嚢、 リンパ節など多岐にわたり、超音波内視鏡で描出できる病変はそのほとんどはEUS-FNAが 可能です。
当院では入院した上でのEUS-FNAに加え、外来でEUS-FNAを行うことも可能です。 外来EUS-FNAを行うかについてはCT所見も見て判断させていただいています。

血糖コントロールの悪化を契機に発見された膵癌

  • z2-2.jpgCT:
    低吸収域(黄色矢印)は不明瞭です。
  • z2-3.jpg超音波内視鏡(EUS):
    大きさ10mmの低エコー腫瘍(黄色矢印)をはっきりと 認識できます。
z2-4.jpg

 

超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)で 膵癌と診断できました。

  • 2-27.png

     

  • 2-28.png病理診断科より供与

z2-5.jpg病理診断科より供与

【病理診断】
大きさ10mmの浸潤性膵管癌でした。

膵体尾部切除を施行し完全切除できました。 pT1bN0M0 pStageIAでした。

腹部エコーで発見された膵神経内分泌腫瘍

  • z2-6.jpgCT:
    造影効果を有する高吸収域(黄色矢印)を認めます。
  • z2-7.jpg
    超音波内視鏡(EUS):
    境界明瞭な7.8mm大の低エコー腫瘍(黄色矢印) をはっきりと認識できます。

z2-8.jpg

  • z2-27.jpg
  • z2-28.jpg
  • z2-29.jpg

     

  • z2-30.jpg病理診断科より供与
超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)でKi-67標識率1%であったため
膵神経内分泌腫瘍(NET G1)と診断できました。 Synaptophysin (+), Chromogranin (+)でした。
NET G1, 10mm以下であり経過観察が可能と判断して、手術を行わないで経過観察しています。

 

原発不明のリンパ節転移をEUS-FNAにて胆嚢癌と診断しえた患者さん

z2-12.jpg

CT:

腫脹した鎖骨上リンパ節腫脹(黄色矢印)の生検にて

腺癌を認めていました。

  • z2-13.jpg
  • z2-14.jpg

CT:

胆嚢壁の肥厚(黄色矢印)を認めましたが、胆嚢腺筋腫症等の良性病変も考えられました。

  • z2-15.jpg超音波内視鏡(EUS):
    胆嚢壁の全周性壁肥厚を認めます。
  • z2-16.jpg超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA):
    胆嚢底部の腫瘤を穿刺し、腺癌を認めたことより、胆嚢癌が原発だと分かりました。胆道癌の化学療法を開始することができ、適切な治療を選択できました。
  • z2-31.jpg

     

  • z2-32.jpg病理診断科より供与

EUS-FNAで確定診断しえた肝門部領域胆管癌

z2-19.jpg

CT:

肝内胆管の拡張の起始部に壁肥厚(黄色矢印)

を認めますが、明らかな腫瘤は指摘できません。

  • z2-20.jpg内視鏡的逆行性胆管造影(ERC):
    拡張した後区域枝の根部に狭窄(黄色矢印)を認めます。
  • z2-21.jpg内視鏡的逆行性胆管造影(ERC):
    狭窄部位より胆管生検、Trefleによる細胞診/組織診を行うも悪性細胞を認めませんでした。
  • z2-22.jpg超音波内視鏡(EUS):
    境界不明瞭な低エコー腫瘍(黄色矢印)を認識できEUS-FNAを行いました。
  • z2-26.jpg超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA):
    腺癌を認め肝門部領域胆管癌と診断し、手術ができました。
  • z2-33.jpg

     

  • z2-34.jpg病理診断科より供与

EUS-FNA件数の推移

EUS-FNA件数の推移(年別)グラフ 2016年に68件だった件数が2020年には409件に