コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > IVRセンター

IVRセンター

トップ画像

IVRセンターについて

国立がん研究センター中央病院のIVRセンターは、院内ならびに院外の患者さんにIVRを提供するとともに、IVRの普及により日本のがん医療の向上に寄与するため、2014年12月に開設されました。中央病院の4階に位置し、最先端の画像診断機器および治療機器を備えています。画像下に行う低侵襲治療に精通する医師と診療放射線技師、看護師が、各診療科と連携し、患者さんひとりひとりに最適な方法を検討し、身体への負担が少ない安全な治療を行います。

(IVRセンター長 曽根美雪)

マルチモダリティー:各種の画像診断機器

多様な画像診断機器を組み合わせて用いることで、安全で正確な治療を行います。1993年に国内メーカーと協力して開発したAngio-CT装置を活用した種々の経皮的治療や、胆道、膵臓等の内視鏡治療のほか、経皮的治療と内視鏡治療の組み合わせなど、新たな低侵襲治療法にもとりくんでいます。

設備

  • Angio-CT装置   2台
  • C-arm透視装置    1台
  • 血管アクセス用超音波装置 3台
  • ラジオ波凝固療法装置   2台
  • マイクロ波凝固療法装置 1台
  • 凍結療法装置   2台
  • 超音波装置   4台
  • 内視鏡装置   1台
  • オープンMRI装置   1台

患者さん中心のチーム医療

医療機器やX線ひばくの知識、トラブル対策、ならびに患者さんの心身の状態に精通した医師、看護師、診療放射線技師が、職種や診療科の枠を超えたチームで診療にあたります。これらの多職種で毎日カンファレンスを行い、情報共有を行うとともに、院内の各部署との連携をはかっています。

人材育成と教育

国内各地ならびに海外から、医師、看護師、診療放射線技師が研修に訪れて、研鑽を積んでいます。日常診療における医療技術指導のほか、IVRに関わる臨床・研究の教育カンファレンスにより、知識と技術の向上に努めています。また、海外(シンガポール、フランス)の教育病院と提携して、テレビ会議システムを使用したカンファレンスを施行しています。

研究と情報発信

多施設共同臨床試験グループである日本腫瘍IVR研究グループ(JIVROSG)(外部サイトにリンクします)の基幹施設として、臨床試験の立案と遂行に携わっています。ほかにも多数の臨床研究を施行し、学会ならびに論文発表、国内外での講演を行っています。