コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > IVRセンター

IVRセンター

トップ画像

IVRセンターについて

2014年12月に、国立がん研究センター中央病院が広く門戸を開き、より多くの患者さんにIVRを提供するとともに、IVRの普及により日本のがん医療の向上に寄与するためIVRセンターを開設しました。中央病院の4階に位置し、ベッドが入りやすいように広々としたスペースを確保しています。放射線診断科に所属する医師と診療放射線技師、看護師が各診療科と連携し、患者さんおひとりおひとりに最適な方法を検討し、安全な治療を行います。

設備

  • IVR-CT(Angio-CT)装置 2台
  • 血管アクセス用超音波装置 3台
  • C-arm透視装置 1台
  • ラジオ波凝固療法装置 2台
  • オープンMRI装置 1台
  • 凍結療法装置 2台
  • 超音波装置 4台

IVR-CT(Angio-CT)装置は、1993年に国内メーカと協力して開発しました。これからもよりよい機器や治療法の開発に積極的に取り組みます。