コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > お知らせ > 9月は世界小児がん啓発月間 Global Gold September Campaignを開催しました

9月は世界小児がん啓発月間 Global Gold September Campaignを開催しました

9月は世界小児がん啓発月間です。小児がんへの理解と、治療の重要性を啓発し、小児がんの子どもたちに明るい光を当てようと中央病院でもGlobal Gold September Campaignとして様々な取り組みが行われました。

2022年9月9日(金曜日)には小児病棟がゴールドに飾り付けられました。
小児病棟で働く職員たちもゴールドのアイテムを身に着けイベントを盛り上げます。

 5X6A5787.jpg5X6A5824.jpg

アピアランス支援センターの藤間センター長は子どもたちや職員たちのネイルをゴールドに彩ります。
小さい爪に金色のネイルを施した子供たちは、職員に自慢したり、うっとりと眺めていました。

 5X6A5777.jpg5X6A5820.jpg

全国各地の名所がゴールドにライトアップされるイベントがオンライン中継されました。
イベントに先駆けて、小児腫瘍科小川科長が「小児がんはドラックラグによって、必要な治療薬が行き届いていない現状がある。一刻も早く、よりよいがんの治療薬を届けることができるようにしたい」と、小児がんの現状を報告しました。

 5X6A5821.jpg5X6A5823.jpg

空も暗くなりいよいよライトアップです。
中央病院の小児病棟から見える東京スカイツリーもゴールドに輝きました。病棟からはその光を見た子どもたちからの歓声が聞こえました。

 5X6A5830.jpg5X6A5831.jpg

ゴールドの光が小児病棟の子どもたちの未来を照らすひと時となりました。