コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 国際開発部門 > トランスレーショナルリサーチ推進室

トランスレーショナルリサーチ推進室

使命と活動目標

須藤 一起写真

トランスレーショナルリサーチ
(TR)推進室
室長 須藤 一起

トランスレーショナルリサーチ (TR) 推進室は国立がん研究センターの人材や基盤を生かし、国際的なTR研究を推進するための活動を行います。

主な活動内容として、TR研究を行うための設備等の基盤を整備し研究を推進していきます。また、各国の研究者、各種プロジェクト、規制当局等の状況を把握すると共に強固なネットワークを築いていきます。加えて企業の国際研究や事業展開などの戦略を踏まえ、国際的なTR研究推進に寄与していきます。さらに国際的な治療開発研究の付随研究も推進していきます。 

メンバー

室長

須藤 一起

スタッフ

高阪 真路
小島 勇貴
椎野 翔
吉田 裕
渡邊 慶介
矢崎 秀
都倉 桃子

活動内容の紹介

A-TRAIN

転移性および/または再発の病変を有する固形がんを対象に、血中循環腫瘍DNA(ctDNA)を網羅的に調べる前向きの試料解析研究です。アジアの複数の国と共に行います。

MASTER KEY ASIA

国際的な希少がんの治療開発を推進するためのプラットフォーム試験です。当室ではゲノム研究部分を主に担当します。

TEAL試験

子宮頸がんを対象とした、日本を含むアジア地域未承認の治験薬を用いる第II相医師主導治験です。当室ではスクリーニングや附随研究の推進を行います。