コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 国際開発部門 > アジア連携推進室

アジア連携推進室

使命と活動目標

松田 智大写真

アジア連携推進室
室長 松田 智大

アジア連携推進室は、国立がん研究センター中央病院が推進するがん診療・研究・教育を、アジア全体に普及し、アジア地域のがん負担の軽減に寄与することを理念として活動しています。アジア諸国と連携するために中央病院内の体制整備を進めるのと同時に、アジアに国際開発部門の現地事務局を設置します。設置後は、事務局に室員を派遣して、現地からの一次情報と対面で培った信頼関係に基づき、アジア諸国との連携を迅速かつ確実に推進致します。その上で、アジアでの臨床試験実施におけるARO機能を備えることによって、国際共同医師主導治験を適切なコストで実施可能にします。

さらに、現地のメディアやイベントを通じて、広報活動も展開し、国立がん研究センターの知名度を高め、積極的な人材交流からアジア地域のがん診療・研究・教育レベルの底上げや、我が国における国際連携に必要な医療人材確保を図ります。

 

メンバー

室長

松田 智大

スタッフ

清水 俊雄
寺田 参省
後澤 乃扶子
伊藤 久裕
横田 小百合
柳原 久美子
大塚 瞳