コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 看護の力 > がん患者さんのサポートと生活の工夫展

がん患者さんのサポートと生活の工夫展

 2021年2月19日

がん患者さんのサポートと生活の工夫展とは

 

国立がん研究センター中央病院では看護部が中心となり、「がん患者さんのサポートと生活の工夫展」を開催しています。2012年に開催された「がん患者さんの暮らしが広がるアイデア展」を前身に、毎年300人を超す方にご来場いただいています。

患者サポートセンター(中央病院8階)の看護師や薬剤師、栄養士、医師などが中心となり、がん患者さんの療養生活に役立つ工夫をご紹介し、看護師に直接質問できてよかったなどの声が寄せられています。

2021年の開催情報はこちらから

日時:2021年3月8日(月曜日)9時から3月13日(土曜日)17時まで
4月16日(金曜日)17時まで延長しました。

過去の「がん患者さんのサポートと生活の工夫展」の様子

 

  • リンパ浮腫ケア患者教室リンパ浮腫ケア患者教室

  • 抗がん剤治療教室抗がん剤治療教室

  • 親と子のサポート親と子のサポート

  • 排泄ケアについての説明排泄ケアについての説明

 

開催報告

 2019年3月16日開催 「がん患者さんのサポートと生活の工夫展2019」を開催しました