コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 医療チーム > 栄養サポートチーム

栄養サポートチーム

NSTとは

Nutrition Support Team (栄養サポートチーム)の略で、患者さんの栄養管理を医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、歯科医師、臨床検査技師などの多職種で多方面からサポートするチーム医療の一つです。

体重や食事摂取量の増減は、がん患者さんの生活の質(QOL)を決定する因子であり、栄養に関する因子はがん患者さんにとって非常に重要であることが分かっています。そこで、栄養管理に係わる研修を修了した医療スタッフが連携し、更にはその他のチームと連携を取りながら、患者さんの栄養管理を実施しています。

(図)NSTとは

当院のNSTについて

  • 2005年 栄養サポートチーム(NST) 設立
  • 2008年 日本静脈経腸栄養学会 NST稼動認定施設 認定
  • 2010年 日本静脈経腸栄養学会 NST教育施設 認定
  • 2016年 日本静脈経腸栄養学会 NST教育施設 更新

チームメンバーについて

栄養管理のための専門的な知識・技術を有する医師・メディカルスタッフの養成を目的とした研修(医師は10時間以上、メディカルスタッフは40時間以上)を修了したスタッフでチーム医療に取り組んでおります。更には、それぞれ専門的な知識・技術を有したメンバーが参画しており、より多方面から患者さん一人ひとりの栄養管理を支援いたします。

平成29年10月10日現在
職種人数その他の資格
医師 7名 日本静脈経腸栄養学会認定医
TNT研修受講修了者
看護師 14名 NST専門療法士
摂食・嚥下障害看護認定看護師
薬剤師 6名 NST専門療法士
がん専門薬剤師
がん指導薬剤師
がん薬物療法認定薬剤師
外来がん治療認定薬剤師
管理栄養士 7名 NST専門療法士
がん病態栄養専門管理栄養士
がん病態栄養専門管理栄養士研修指導師
病態認定管理栄養士
日本糖尿病療養指導士
歯科医師 1名  
臨床検査技師 1名  
事務 1名  

チームメンバー

  • NSTチームメンバーの写真

  • 病棟で患者さんの情報を共有している様子

    NST回診の様子