コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 胃外科 > 研究について

研究について

がん患者さんに新たな治療法を提供するために、臨床試験を中心とした多くの研究を積極的に行っています。

現在、大きな胃がんやスキルス胃がんに対する術前補助化学療法の有用性、リンパ節転移が著しい胃がんに対する術前補助化学療法の有用性、腹腔鏡手術の有用性の確認などに関する臨床試験を行っています。

また、胃がん発症に関連のある遺伝子検索などの基礎研究も、研究所と協力して行っています。