コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 看護の力 > がん患者さんのサポートと生活の工夫展 > がん患者さんのサポートと生活の工夫展2021

がん患者さんのサポートと生活の工夫展2021

毎年300人以上の方にご来場いただいている、がん患者さんの療養生活に役立つ工夫を紹介する「がん患者さんのサポートと生活の工夫展2021」(以下、生活の工夫展)を今年も開催します。
新型コロナウイルス感染症の流行を考慮し、本年はオンラインでの開催となります。

中央病院では、2016年9月に患者サポートセンター(中央病院8階)を開設し、患者さんのQOLを重視したチーム医療を実践しています。生活の工夫展とは、患者サポートセンターの看護師や薬剤師、栄養士、医師などが、通常は中央病院の患者さん向けに行っている支援を広く一般公開するものです。今回の生活の工夫展のテーマは、「『決める~自分らしい選択~』を支える」。臨床試験の基礎知識をお伝えするセミナーのほか、毎年多くの方が参加されるリンパ浮腫教室、抗がん剤治療教室などをオンライン上で実施します。患者さんだけではなく、患者さんのご家族の方、がんについて知りたい方、医療者の方、どなたでもご視聴いただけます。

日時

2021年3月8日(月曜日)9時から3月13日(土曜日)17時まで
4月16日(金曜日)17時まで延長しました。

オンライン会場サイト

生活工夫展2021バナー

動画をご視聴された方は以下のアンケートにもご協力ください

参加費

無料

対象

患者さんご家族、医療者などどなたでも参加可能

プログラム詳細

セミナー

時間
テーマ
主な内容
30分
臨床試験ってなぁに
がんの臨床試験についての疑問に
お答えします
20分
食事の話
がん治療中のお食事の選び方、
作り方など
30分
外見ケア
(アピアランスケア)
外見ケアに迷ったときはこうしよう!
がわかる
30分
抗がん剤とつきあうこと
薬剤師による、抗がん剤治療とうまく
つきあう方法のご紹介
30分
こころに寄り添うこと
がんを体験した方と、寄り添おうとす
る人に向けたこころの専門家からの
メッセージ

患者体験教室

時間
テーマ
主な内容
30分
リンパ浮腫ケア教室
リンパ浮腫の予防とセルフケア
30分
抗がん剤治療教室 治療による副作用対策と
生活の工夫の話
30分
乳がんボディイメージ教室
乳がん術後の乳房再建術のお話
15分
親と子サポート教室
親子のよりよいコミュニケーション
15分
身体を温めて体調を整えよう
自分でもできる痛みへの対応

多職種パネルディスカッション

テーマ「治療を決めるとき、こんな支援が得られます

  • 日時:3月12日(金曜日)15時から3月13日(土曜日)17時まで → 4月16日(金曜日)17時まで延長しました。

いざ、がん治療の選択肢を示されたとき、医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどはどんな支援ができるのかについて紹介し、討議を公開します。

オンライン患者サロン AYAひろば

AYA世代のがん患者さん同士が集まって交流や情報交換する場です。その日に参加した患者さんたちが話したい内容を自由に話していただく場としています。

  • 日時:3月13日(土曜日)14時から15時 → 盛況のうちに終了いたしました。ご参加された皆様ありがとうございました。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。