コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 放射線品質管理室 > 医学物理士のレジデント

医学物理士のレジデント

    • 令和3年度より、国立がん研究センター中央・東病院共通の医学物理士レジデントがスタートします。当該レジデントの特色としては、中央・東病院の両施設で、3年間の医学物理業務を中心とした臨床研修を受けることができます。対象は、医学物理士の試験合格者のみならず、今後、医学物理士の資格取得を目指すものも含め、医歯薬理工学と幅広い分野からの出身者を対象としています。チーム医療および医療安全の観点から求められる医学物理士の資質、能力を育む研修プログラムとなっており、スタッフの豊富な経験、様々な放射線治療機器、卓越したチーム医療を通し、幅広い臨床経験を得ることができると考えています。3年間ではありますが常勤職員として採用されますので、安定して医学物理業務の研修を行うことができます


令和3年度医学物理士レジデント募集要項表紙

 

            • 令和3年度医学物理士レジデントのWeb説明会(Microsoft Teams)を下記の日程で開催します。皆様の多数のご参加お待ちしております。
    • 申し込みURL:https://forms.gle/9SJUeHtDLFUK4Ci76
              •   

      医学物理士レジデントWeb説明会