コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 大腸外科 > 当科での研修について

当科での研修について

次世代の大腸外科を背負う人材を育成する

診療科としての人材育成のポイント

総年間大腸癌手術件数は 600 例以上という豊富な症例数の環境下、手術内容も変化に富み、腹腔鏡・ロボット手術などの縮小・低侵襲から、隣接・転移臓器合併切除などの拡大手術までを執刀医あるいは助手として経験することができます。近年の多様化した個別化医療時代において、その治療効果を最大化させるためには、 我々外科医は多くの引き出しを持ち、それぞれにおいて自らの技術・経験値を高めておく必要があると考えます。1つのアプローチしかできないでは、外科医ではなく単なる技術屋でしかありません。我々は、患者さんのあらゆる状況に責任を持つ医師、外科医でなければいけません。当科でのレジデント終了時には、大腸外科医として必要なすべての基本的な技術を身につけることが可能です。

 国立がん研究センター中央病院大腸外科グループでの研修の特徴


syugo.jpg
  • 日本の大腸悪性腫瘍診療をリードする指導医の直接指導
  • 日本のがん診療の中枢を担う施設での豊富な臨床経験
  • Surgical Oncologistの育成
  • フレキシブルに選択可能な研修コースと充実したカリキュラム
  • 関連部門との連携から理想的なdecision makingを学ぶ

karikyu2.jpg

数字で見る大腸外科

  • NO1.png
  • NO2.png
  • NO3.png
  • NO4.png
  • NO5.png
  • NO6.png
  • NO7.png
  • NO8.png

ビデオで見る大腸外科

大腸がんの外科治療~国立がん研究センター中央病院大腸外科紹介~

国立がん研究センター 中央病院 大腸外科長 金光幸秀 紹介

 

以下は全て、外部サイトにリンクします。

マイナビニュース:国がんら、8Kスーパーハイビジョン技術を用いた腹腔鏡手術システムを開発へ
ミクスOnline:腹腔鏡手術に8K応用へ 国がん、NHK、オリンパス、NTTデータが実用化研究
日経デジタルヘルス:8K技術の腹腔鏡手術システム、国がんなどが臨床試験
MONOist:8K技術を活用した新腹腔鏡システム、大腸がん手術での臨床試験を拡大
ニュースイッチ:8K画像の内視鏡で世界初の大腸がん臨床試験実施

充実した研究指導の成果としての多数の英文論文

2020年から過去3年間、研修者がfirst authorの論文のみ表示しています。
なお、リンクが貼ってある論文については全てクリックで外部サイトにリンクします。

  1. Tanaka M, Kanemitsu Y, Shida D, Ochiai H, Tsukamoto S, Nagino M, Moriya Y. Prognostic Impact of Intra-abdominal/Pelvic Inflammation After Radical Surgery for Locally Recurrent Rectal Cancer. Dis Colon Rectum. 2017 Aug;60(8):827-836.
  2. Tanaka M, Kanemitsu Y, Ueno H, Kobayashi H, Konishi T, Ishida F, Yamaguchi T, Hinoi T, Inoue Y, Tomita N, Ishida H, Sugihara K. Prognostic impact of hospital volume on familial adenomatous polyposis: a nationwide multicenter study. Int J Colorectal Dis. 2017 Oct;32(10):1489-1498.
  3. Yamada K, Tsukamoto S, Ochiai H, Shida D, Kanemitsu Y. Improving Selection for Resection of Synchronous Para-Aortic Lymph Node Metastases in Colorectal Cancer. Dig Surg. 2019;36(5):369-375.
  4. Tanabe T, Shida D, Tsukamoto S, Morizono G, Taniguchi H, Kanemitsu Y. )Metachronous metastasis to inguinal lymph nodes from sigmoid colon adenocarcinoma with abdominal wall metastasis: a case report. BMC Cancer. 2019 Feb 27;19(1):180.
  5. Nakamura Y, Shida D, Shibayama T, Yoshida A, Matsui Y, Shinoda Y, Iwata S,Kanemitsu Y. Giant multilocular prostatic cystadenoma. World J Surg Oncol. 2019 Feb 26;17(1):42.
  6. Yoshida T, Shida D, Taniguchi H, Tsukamoto S, Kanemitsu Y. Long-Term Outcomes Following Partial Versus Complete Cystectomy in Advanced Colorectal Cancer with Regarding to the Extent of Bladder Invasion. Ann Surg Oncol. 2019 May;26(5):1569-1576.
  7. Komono A, Shida D, Iinuma G, Tsukamoto S, Sakamoto R, Moritani K, Miyake M, Kanemitsu Y. Preoperative T staging of colon cancer using CT colonography with multiplanar reconstruction: new diagnostic criteria based on "bordering vessels".Int J Colorectal Dis. 2019 Apr;34(4):641-648.
  8. Imaizumi J, Shida D, Narita Y, Miyakita Y, Tanabe T, Takashima A, Boku N, Igaki H, Itami J, Kanemitsu Y. Prognostic factors of brain metastases from colorectal cancer. BMC Cancer. 2019 Jul 31;19(1):755.
  9. Tanabe T, Shida D, Komukai S, Nakamura Y, Tsukamoto S, Kanemitsu Y. Long-term outcomes after surgical dissection of inguinal lymph node metastasis from rectal or anal canal adenocarcinoma. BMC Cancer. 2019 Jul 24;19(1):733.
  10. Ahiko Y, Shida D, Horie T, Tanabe T, Takamizawa Y, Sakamoto R, Moritani K, Tsukamoto S, Kanemitsu Y. Controlling nutritional status (CONUT) score as a preoperative risk assessment index for older patients with colorectal cancer. BMC Cancer. 2019 Nov 6;19(1):946.
  11. Kudose Y, Shida D, Ahiko Y, Nakamura Y, Sakamoto R, Moritani K, Tsukamoto S, Kanemitsu Y. Evaluation of recurrence risk after curative resection for patients with stage I to III colorectal cancer using the hazard function: A retrospective analysis of single-institution large cohort. Ann Surg. 2020, in press.
  12. Horie T, Shida D, Ahiko Y, Takamizawa Y, Inoue M, Tanabe T, Nakamura Y, Imaizumi J, Tsukamoto S, Kanemitsu Y. Laparoscopic versus open colectomy for elderly patients with colon cancer: a propensity score analysis with the controlling nutritional status (CONUT) score Short title: Laparoscopic colon cancer surgery in elderly patients. Nutrition and Cancer. 2020, in press.

  13. Tanabe T, Shida D, Boku N, Yoshida T, Tsukamoto S, Takashima A, Kanemitsu Y. Primary Tumor-Related Complications among Patients with Unresectable Stage IV Colorectal Cancer in the Era of Targeted Therapy: A Competing Risk Regression Analysis. Dis Colon & Rectum. 2020, in press.
  14. Mazaki J, Tsukamoto S, Miyake M, Moritani, K, Sakamoto R, Shida D, Kanemitsu Y. Circumferential resection margin status as a predictive factor for recurrence in preoperative magnetic resonance imaging for advanced lower rectal cancer without preoperative therapy. Dis Colon & Rectum. 2020, in press.

研修に関するお問い合わせ先

国立がん研究センター中央病院 大腸外科

教育担当:塚本 俊輔  

メールアドレス:  shtsukam●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください) 

研修に関する他の情報

B1.png

中央病院レジデントプログラムHP

https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/cepcd/resident/index.html

B2.png

Facebook 中央病院 教育・研修情報

https://www.facebook.com/CancerEducation (外部サイトにリンクします)