コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科 > 診療について

診療について

肉腫治療のご紹介

より良い機能を求めて ―患肢温存手術―

  • 腫瘍用人工関節やセラミックスぺーサー、液体窒素処理などを用い、悪性骨腫瘍切除後でもできるだけ機能的な患肢温存を目指します。
  • 形成外科との共同手術により、神経・血管に近接していたり、切除後に広範な皮膚欠損を生じるような腫瘍に対しても、神経・血管再建や機能的皮弁形成術を併用することによって、患肢を温存する可能性を追求いたします 

患肢温存手術の図

困難な腫瘍に対する挑戦 ―後腹膜肉腫―

  • 泌尿器・後腹膜腫瘍科や大腸外科、放射線治療科と協力し、後腹膜に発生した肉腫に対して、手術・化学療法・放射線治療を取り混ぜたmultidisciplinary な治療を行っております。

 後腹膜肉腫の図

「あきらめない」肉腫治療 ―進行期肉腫―

  • 治療後再発をきたしたり、手術などの局所制御困難な肉腫に対し、乳腺・腫瘍内科や小児腫瘍科と協力し、可能な治療を検討いたします。
  • 現在進行中の各種臨床試験への組み入れや、遺伝子検査に基づく新規薬剤の導入など、肉腫に対する新たな治療開発も進めております。

 進行期肉腫の図

診療実績

手術件数

過去5年 手術件数
  2016 2017 2018 2019 2020
軟部悪性腫瘍手術 121 131 163 158  142 
骨悪性腫瘍手術 67 59 30 38  39 
転移性骨腫瘍手術 33 25 30 21  17 
形成外科合同手術 60 68 65 82  78 
腫瘍用人工関節置換術 17 29 15 15  16 
その他 41 63 65 48 25
手術合計 430 375 368 362  317 

注:診療実績について、2016年以前は1月から12月までの1年間、以後は年度集計です。

当院における過去40年の骨肉腫の治療成績の変遷(限局例)

figure1.png

 

  1966-1977 1978-1989 1993-2002 2003-2015
症例数 38 41 80 91
5年生存率 18% 41% 79% 76%
10年生存率 16% 39% 76% 71%

当院における軟骨肉腫の治療成績

  Grade 1 Grade 2 Grade 3 脱分化型
症例数 24 26 7 8
5年生存率 95% 92% 83% 35%
10年生存率 95% 92% 83% 35%

当院で手術を行った悪性軟部腫瘍の治療成績(2006から2015年)

  症例数 5年生存率
分化型脂肪肉腫 86 97%
粘液線維肉腫 67 83%
脱分化型脂肪肉腫 62 79%
粘液型脂肪肉腫 57 90%
未分化多形肉腫 53 69%
滑膜肉腫 37 73%
平滑筋肉腫 20 77%