コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 看護部 > 看護の力 > 生活の工夫インタビュー > 化学療法中の爪の変色・変形への対処法

化学療法中の爪の変色・変形への対処法

マニキュアなどで爪の保護を  

包帯・指

伸縮粘着包帯を指に巻いて爪のひっかかりを予防する。
水に弱いので、濡れたらこまめに貼り換えを。

抗がん剤で生じる爪への副作用の症 状は、変色や変形、薄くなる、剥がれるなど、見た目の変化から痛みを伴うものま でさまざまです。爪に副作用が出やすい 薬は主に、フルオロウラシル、TS-1、カペ シタビンなど5FU系の抗がん剤、ドセタキセル、パクリタキセルなどタキサン系の抗がん剤です。5FU系の薬では爪が黒ずむことが多く、タキサン系の薬では爪に筋が入って凸凹した状態になる副作用が高頻度で出ます。このような抗がん剤の治療期間中は、爪や手の皮膚が乾燥しないように、手洗い後や入浴後にクリームや爪用オイルをやさしくマッサージするように塗り、保湿するようにしましょう。爪が浮いたり凸凹になったりしている時は、服や物に引っ掛かって爪が割れやすいので注意が必要です。爪に変形の症状が現れたら、マニキュアや液体絆創膏を塗ると、ひび割れなどから爪を保護することができます。変色が気になる時にもマニキュアを塗るとよいでしょう。マニ キュアは自分の好きなものを使って構いません。除光液を使う場合は、爪への刺激となるアセトンが入っていないものを選んでください。水溶性マニキュアなら、 消毒用アルコールだけで落とすことができるのでおすすめです。ネイルサロンで施術を受けることも問題ありませんが、ジェルネイルはおすめできません。ジェルネイルは爪の表面を削るので、化学療法中は爪の障害や感染症が生じやすくなってしまうからです。爪を保護する方法として、伸縮粘着包帯を指に巻く方法もあります(写真右)。絆創膏などよりも粘着力が低いため、貼り換えが簡単で爪への負担もありません。伸縮粘着包帯はドラッグストア や百円均一ショップでも購入できます。

重篤な障害を冷却療法で予防  

グローブ

フローズンソックス(左)とグローブ(右)。
冷凍しても固まらない特殊な保冷剤を使用している。

タキサン系の薬を使っている患者さん のなかには、手足の爪がオレンジ色に変色し、ジュクジュクした浸出液が出たり出血したりして強い痛みを生じる人が2~3割います。ひどくなると爪が剥がれてしまう人もいます。近年、そういった重い爪の症状は冷やすことで予防できることが分かってきました。当院では、爪がオレンジ色に変色 する初期症状が出た患者さんを対象に、 抗がん剤の点滴投与中にフローズングローブとソックスで手足を冷やし、重篤な爪の障害の予防を図っています(写真右)。フローズングローブ・ソックスを使うようになってから、爪に重い副作用 が出る患者さんはかなり減りました。最初から冷却して副作用を予防したいと考える患者さんは、自分で工夫した保冷グローブなどを持ってくる人もいます。通院治療センターではそういった持ち込みにも対応しています。なお、化学療法中に生じた爪の変色、 変形は、抗がん剤の投与が終われば、手の爪は半年、足の爪は1年ぐらいで元通りに再生します。

 

関連リンクの「生活の工夫カード」もご覧ください。

 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。