コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 共通部門のご案内 > 薬剤部 > 薬剤部業績

薬剤部業績

論文【共著を含む】

2018年

  • Effect of amlodipine, efonidipine, and trichlormethiazide on home blood pressure and upper-normal microalbuminuria assessed by casual spot urine test in essential hypertensive patients.Hosaka M, Inoue R, Satoh M, Watabe D, Hanazawa T, Ohkubo T, Asayama K, Obara T, Imai Y; J-HOME-ALB Study group. Clin Exp Hypertens. 40(5): 468-475 (2018).
  • A double‑blind randomized phase II dose‑fnding study of olanzapine 10 mg or 5 mg for the prophylaxis of emesis induced by highly emetogenic cisplatin‑based chemotherapy.Yanai T, Iwasa S, Hashimoto H, Ohyanagi F, Takiguchi T, Takeda K, Nakao M, Sakai H, Nakayama T, Minato K, Arai T, Suzuki K, Shimada Y, Nagashima K, Terakado H, Yamamoto N. Int J Clin Oncol. 23(2): 382-388 (2018).
  • Feasibility of olanzapine, multi acting receptor targeted antipsychotic agent, for the prevention of emesis caused by continuous cisplatin- or ifosfamide-based chemotherapy.Bun S, Yonemori K, Akagi T, Noguchi E, Shimoi T, Shimomura A, Yunokawa M, Shimizu C, Fujiwara Y, Makino Y, Hayashi Y, Tamura K. Invest New Drugs. 36(1): 151-155 (2018).
  • Feasibility of dose-dense paclitaxel/carboplatin therapy in elderly patients with ovarian, fallopian tube, or peritoneal cancer. Seiko Bun et al., Cancer Chemotherpy and Pharmacology, 78(4); 745-52, 2016.
  • Efficacy and Safety of Pazopanib for Recurrent or Metastatic Solitary Fibrous Tumor.Ebata T, Shimoi T, Bun S, Miyake M, Yoshida A, Shimomura A, Noguchi E, Yonemori K, Shimizu C, Fujiwara Y, Narita Y, Tamura K. Oncology. 94(6): 340-344 (2018).
  • Contribution of pharmacists with expertise in infectious diseases to appropriate individualized vancomycin dosing.Nakashima T, Koido K, Baba H, Otsuka R, Okinaka K, Sano T, Nishigaki R, Hashimoto H, Otsuka T, Esaki M, Terakado H. Pharmazie. 73(7): 422-424 (2018).
  • Symptom management: the utility of regional cooling for hand-foot syndrome induced by pegylated liposomal doxorubicin in ovarian cancer.Bun S, Yunokawa M, Tamaki Y, Shimomura A, Shimoi T, Kodaira M, Shimizu C, Yonemori K, Fujiwara Y, Makino Y, Terakado H, Tamura K. Support Care Cancer. 26(7): 2161-2166 (2018).
  • Tolerability and Efficacy of Neoadjuvant Chemotherapy with a Tri-Weekly Interval Methotrexate, Doxorubicin, Vinblastine, and Cisplatin Regimen for Patients with Locally Advanced Bladder Cancer.Arai S, Hara T, Matsui Y, Koido K, Hashimoto H, Shinoda Y, Komiyama M, Fujimoto H, Terakado H. Case Rep Oncol. 11(2): 450-460 (2018).
  • Cyclophosphamide-induced hemorrhagic cystitis in young patients with solid tumors: A single institution study.Saito Y, Kumamoto T, Shiraiwa M, Sonoda T, Arakawa A, Hashimoto H, Tamai I, Ogawa C, Terakado H. Asia Pac J Clin Oncol. 2018 Jul 10. doi: 10.1111/ajco.13048. [Epub ahead of print]
  • Study protocol for J-SUPPORT 1604 (J-FORCE): a randomized, double blind, placebo-controlled Phase III study evaluating olanzapine (5 mg) plus standard triple antiemetic therapy for prevention of chemotherapy induced nausea and vomiting in patients receiving cisplatin-based highly emetogenic chemotherapy.Hashimoto H, Abe M, Yanai T, Yamaguchi T, Zenda S, Uchitomi Y, Fukuda H, Mori M, Iwasa S, Yamamoto N, Ohe Y. Jpn J Clin Oncol. 2018 Aug 14. doi: 10.1093/jjco/hyy114. [Epub ahead of print]
  • Risk factors associated with chemotherapy-induced nausea and vomiting in the triplet antiemetic regimen including palonosetron or granisetron for cisplatin-based chemotherapy: analysis of a randomized, double-blind controlled trial.Tsuji D, Suzuki K, Kawasaki Y, Goto K, Matsui R, Seki N, Hashimoto H, Hama T, Yamanaka T, Yamamoto N, Itoh K. Support Care Cancer. 2018 Aug 10. doi: 10.1007/s00520-018-4403-y. [Epub ahead of print]
  • 周術期におけるナロキソン塩酸塩およびオピオイドの適正使用推進に対する取り組みの評価.新井 聡子, 小井土 啓一, 深田 英嗣, 赤木 徹, 岩瀬 治雄, 佐藤 哲文, 寺門 浩之. 医療薬学, 44(4): 165-171 (2018).
  • バンコマイシン塩酸塩点滴静注時の造血器腫瘍と固形腫瘍における薬物動態パラメータの比較中島 寿久, 大塚 亮, 小井土 啓一, 西垣 玲奈, 橋本 浩伸, 大塚 知信, 寺門 浩之. 日本臨床腫瘍薬学会雑誌, 8: 5-9 (2018).

2017年

  • Left ventricular hypertrophy by electrocardiogram as a predictor of success in home blood pressure control: HOMED-BP study.Tanabe A, Asayama K, Hanazawa T, Watabe D, Nomura K, Okamura T, Ohkubo T, Imai Y. Hypertens Res. 40(5): 504-510 (2017).
  • Azacitidine-induced acute lung injury in a patient with therapy-related myelodysplastic syndrome.Makita S, Munakata W, Watabe D, Maeshima AM, Taniguchi H, Toyoda K, Yamauchi N, Fukuhara S, Maruyama D, Kobayashi Y, Tobinai K. J Int Med Res. 45(2): 886-893 (2017).
  • Phase II study of cetuximab with irinotecan for KRAS wild-type colorectal cancer in Japanese patients.Terazawa T, Nishitani H, Kato K, Hashimoto H, Akiyoshi K, Ito Y, Nakamoto A, Iwasa S, Nakajima TE, Hamaguchi T, Yamada Y, Shimada Y. Asia Pac J Clin Oncol. 13(2):e132-e137 (2017).
  • Amrubicin Monotherapy for Patients with Platinum-Pretreated Non-Gastrointestinal Non-Pancreatic Extrapulmonary Neuroendocrine Carcinoma.Ebata T, Shimoi T, Ishiwata T, Iwasawa S, Bun S, Yunokawa M, Yonemori K, Takiguchi Y, Tamura K. Oncology. 93(3): 177-182 (2017).
  • Efficacy and safety of osimertinib in a Japanese compassionate use program.Fujiwara Y, Goto Y, Kanda S, Horinouchi H, Yamamoto N, Sakiyama N, Ando Makihara R, Ohe Y. Jpn J Clin Oncol. 47(7): 625-629 (2017).
  • Efficacy and safety of eribulin in patients with locally advanced or metastatic breast cancer not meeting trial eligibility criteria: a retrospective study.Iizumi S, Shimoi T, Tsushita N, Bun S, Shimomura A, Noguchi E, Kodaira M, Yunokawa M, Yonemori K, Shimizu C, Fujiwara Y, Tamura K. BMC Cancer. 17(1): 819 (2017).
  • The Prognostic Impact of the Pathological Response to Neoadjuvant Dose-Dense Therapy for Ovarian Carcinoma.Ebata T, Yunokawa M, Yoshida H, Bun S, Shimoi T, Shimomura A, Kodaira M, Yonemori K, Shimizu C, Fujiwara Y, Kato T, Tamura K. Int J Gynecol Cancer. 27(9): 1850-1855 (2017).
  • フィルグラスチム注バイオ後続品の有効性・安全性に関する検討.鈴木 拓真, 齋藤 義正, 遠藤 篤, 牧野 好倫, 橋本 浩伸, 大塚 知信, 寺門 浩之. 日本病院薬剤師会雑誌, 53(1): 67-71 (2017)
  • 卵巣がん患者におけるパクリタキセル投与時の末梢神経障害発現状況と重症度の調査.砂土居 寛子, 文 靖子, 下村 昭彦, 下井 辰徳, 温泉川 真由, 公平 誠, 米盛 勧, 清水 千佳子, 藤原 康弘, 田村 研治, 牧野 好倫, 寺門 浩之. 医療薬学, 43(5): 252-259 (2017).

2016年

  • Organic Anion Transporting Polypeptide (OATP)2B1 Contributes to Gastrointestinal Toxicity of Anticancer Drug SN-38, Active Metabolite of Irinotecan Hydrochloride.Fujita D, Saito Y, Nakanishi T, Tamai I. Drug Metab Dispos. 44(1): 1-7 (2016). 
  • Biomarkers of skin toxicity induced by anti-epidermal growth factor receptor antibody treatment in colorectal cancer.Kubo A, Hashimoto H, Takahashi N, Yamada Y. World J Gastroenterol. 22(2): 887-894 (2016).
  • Simultaneous optimization of limited sampling points for pharmacokinetic analysis of amrubicin and amrubicinol in cancer patients.Makino Y, Watanabe M, Makihara RA, Nokihara H, Yamamoto N, Ohe Y, Sugiyama E, Sato H, Hayashi Y. Asia Pac J Clin Oncol. 12(3): 259-64 (2016).
  • Validated LC-MS/MS analysis of immune checkpoint inhibitor Nivolumab in human plasma using a Fab peptide-selective quantitation method: nano-surface and molecular-orientation limited (nSMOL) proteolysis.Iwamoto N, Shimada T, Terakado H, Hamada A. J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 2016 Jun 15;1023-1024:9-16. doi: 10.1016/j.jchromb.2016.04.038. Epub 2016 Apr 27.
  • A retrospective study of treatment and prophylaxis of ifosfamide-induced hemorrhagic cystitis in pediatric and adolescent and young adult (AYA) patients with solid tumors.Saito Y, Kumamoto T, Makino Y, Tamai I, Ogawa C, Terakado H, Jpn J Clin Oncol., 46(9): 856-861 (2016).
  • Feasibility of dose-dense paclitaxel/carboplatin therapy in elderly patients with ovarian, fallopian tube, or peritoneal cancer.Bun S, Yunokawa M, Ebata T, Shimomura A, Shimoi T, Kodaira M, Yonemori K, Shimizu C, Fujiwara Y, Kato T, Makino Y, Hayashi Y, Tamura K. Cancer Chemother Pharmacol 78(4): 745-752 (2016).
  • Amrubicin in patients with platinum-refractory metastatic neuroendocrine carcinoma and mixed adenoneuroendocrine carcinoma of the gastrointestinal tract.Araki T, Takashima A, Hamaguchi T, Honma Y, Iwasa S, Okita N, Kato K, Yamada Y, Hashimoto H, Taniguchi H, Kushima R, Nakao K, Boku N, Shimada Y. Anticancer Drugs. 27(8):794-799 (2016).
  • テガフール/ギメラシル/オテラシルカリウムの薬歴管理方法に関する後ろ向き観察研究.前田 誠, 齋藤 義正, 牧野 好倫, 岩瀬 治雄, 林 憲一. 癌と化学療法, 43(1): 79-83 (2016).
  • 高度な能力を必要とする臨床薬剤師を養成するためのレジデントカリキュラムの開発(Developing a Residency Curriculum Dedicated to Training Highly Skilled Clinical Pharmacists).Hayashi Yoshikazu, Nishigaki Rena, Toyoshima Satoshi. レギュラトリーサイエンス学会誌, 6(2): 151-162 (2016).
  • パゾパニブ塩酸塩錠投与にて重篤な血球減少を認めた1例.佐野 智望, 丹澤 義一, 小林 英介, 中谷 文彦, 川井 章, 牧野 好倫, 岩瀬 治雄, 中馬 広一, 林 憲一. 癌と化学療法, 43(6): 785-787 (2016).
  • がん領域における適応外使用医薬品の実態調査.文 靖子, 西垣 玲奈, 大塚 知信, 寺門 浩之, 米盛 勧, 野口 瑛美, 奥坂 拓志, 藤原 康弘. 医療の広場, 56(12): 21-23 (2016).

2015年

  • Phase I dose-finding and pharmacokinetic study of docetaxel and gefitinib in patients with advanced or metastatic non-small-cell lung cancer: evaluation of drug-drug interaction.Motonaga M, Yamamoto N, Makino Y, Ando-Makihara R, Ohe Y, Takano M, Hayashi Y. Cancer Chemother Pharmacol. 76(4):713-721 (2015).
  • A double-blind randomized Phase II study of olanzapine 10 mg versus 5 mg for emesis induced by highly emetogenic chemotherapy.Nagashima K, Iwasa S, Yanai T, Hashimoto H, Suzuki K, Ohyanagi F, Shimada Y, Yamamoto N. Jpn J Clin Oncol. 45(2): 229-231 (2015).
  • 製薬企業発行の抗悪性腫瘍薬剤患者説明用パンフレットの現状調査.斉藤 真理, 龍島 靖明, 米盛 勧, 平川 晃弘, 文 靖子, 西垣 玲奈, 牧野 好倫, 岩瀬 治雄, 安藤 正志, 藤原 康弘, 林 憲一. 日本病院薬剤師会雑誌, 51(7): 877-881 (2015).
  • 乳がん術前・術後化学療法としてのアントラサイクリン/シクロホスファミド併用療法に対する予防的制吐療法におけるアプレピタントおよびデキサメタゾンの有効性および安全性.原 茉梨絵, 中島 寿久, 原島 寿江, 龍島 靖明, 清水 千佳子, 公平 誠, 温泉川 真由, 山本 春風, 橋本 淳, 田辺 裕子, 文 靖子, 牧野 好倫, 岩瀬 治雄, 藤原 康弘, 田村 研治, 林 憲一. 医療薬学, 41(9): 603-611 (2015).
  • 切除不能進行再発大腸がん患者におけるレゴラフェニブによる手足皮膚反応のリスク因子の検討.徳丸 隼平, 橋本 浩伸, 矢内 貴子, 久保 晶子, 沖田 南都子, 高島 淳生, 本間 義崇, 岩佐 悟, 加藤 健, 濱口 哲弥, 朴 成和, 林 憲一, 橋本 真也. 医療薬学, 41(10): 687-694 (2015).
  • 非血縁者間骨髄移植後のCytomegalovirus抗原血症に対するfoscarnetの安全性および有効性評価.佐野 智望, 小井土 啓一, 牧野 好倫, 岩瀬 治雄, 福田 隆浩, 山本 弘史, 林 憲一. 日本化学療法学会雑誌, 63(6): 568-575 (2015).Risk factors associated with chemotherapy-induced nausea and vomiting in the triplet antiemetic regimen including palonosetron or granisetron for cisplatin-based chemotherapy: analysis of a randomized, double-blind controlled trial.

2014年

  • 5-アミノレブリン酸内用剤の安全な投与方法の工夫と使用実態調査, 中島寿久, 日本病院薬剤師会雑誌 50(9): 1130-1133, 2014.

2013年

  • A double-blind, placebo-controlled study of the safety and efficacy of vitamin K1 ointment for the treatment ofpatients with cetuximab-induced acneiform eruption.Hashimoto H, Iwasa S, Yanai T, Honma Y, Kato K, Hamaguchi T, Yamada Y, Namikawa K, Tsutsumida A, Yamazaki N, Yamamoto H. Jpn J Clin Oncol. 43(1): 92-94 (2013).
  • Reasons for avoidance of bevacizumab with first-line FOLFOX for advanced colorectal cancer.Hori N, Iwasa S, Hashimoto H, Yanai T, Hamaguchi T, Yamada Y, Murakoshi K, Yokote N, Yamamoto H, Shimada Y. Int J Clin Oncol. 18(3): 435-438 (2013).

2012年以前

  • がん疼痛患者における複方オキシコドン注射液の使用状況に関する調査, 佐野智望, 癌と化学療法 39(5): 769-775, 2012.
  • 乳癌薬物治療に伴う妊孕性への影響に関する情報提供の実態調査, 久保晶子, 癌と化学療法 39(3): 399-403, 2012.
  • Successful Rechallenge for Oxaliplatin Hypersensitivity Reactions in Patients with Metastatic Colorectal Cancer. Takako Yanai et al., Anticancer Research 32(12): 5521-5526, 2012.
  • Reasons for avoidance of bevacizumab with first-line FOLFOX for advanced colorectal cancer. Natsuko Hori, et al,. International Journal of Clinical Oncology 18(3): 435-438, 2012
  • Gender Difference in Hematological Toxicity Among Lung Cancer Patients Receiving Amrubicin Monotherapy, Reiko Ando Makihira, et al., Japanese Journal of clinical oncology, 42(12); 1187-1191, 2012.
  • Pharmacokinetic and pharmacodynamic study on amrubicin and amrubicinol in Japanese patients with lung cancer, Yoshinori Makino et al., Cancer Chemotherpy and Pharmacology, 69(4):861-869, 2012.
  • アプレピタントを臨床において適正使用するためのレジメン管理, 牧野好倫, 日本病院薬剤師会雑誌 46(10): 1390-1395, 2010.
  • 抗がん薬による被曝防止を目的とした閉鎖式混合調製器具の有用性の検討, 西垣玲奈, 日本病院薬剤師会雑誌 46(1): 113-117, 2010.
  • Simple and sensitive HPLC method for determination of amrubicin and amrubicinol in human plasma: application to a clinical pharmacokinetic study, Reiko Ando et al., Biomedical Chromatography, 24(3): 301-306, 2010
  • がん薬物療法における後発医薬品導入のための取り組みと評価―第1報レボホリナート注射剤―, 若江麻理, 日本病院薬剤師会雑誌 45(5): 671-675, 2009.
  • 薬剤供給方法の変更による術中抗菌薬予防投与の適正化, 小井土啓一, 日本環境感染学会誌 24(6), 395-399, 2009
  • Randomized Controlled Study Comparing Two Doses of Intravenous Granisetron (1and3mg) for Acute Chemotherapy-induced Nausea and Vomiting in Cancer Patients: A Non-inferiority Trial), Yonemura Masahito, Japanese Journal of Clinical Oncology. 39(7): 443-448, 2009.
  • 抗がん剤併用療法実態把握調査への取り組み, 牧野好倫, 日本病院薬剤師会雑誌 44(2): 223-228, 2008.
  • 転移性大腸がんに対するFOLFOX6およびmodifiedFOLFOX6療法での有害事象発生率の後ろ向き検討, 橋本浩伸, 日本病院薬剤師会雑誌 44(5): 726-730, 2008.
  • 国立がんセンター中央病院における5-HT3受容体拮抗剤の使用実態調査, 矢内貴子, 医療薬学 33(5): 424-430, 2007.
  • FOLFOX療法におけるオキサリプラチン注射薬の安定性, 大塚知信, 医療薬学 32(10): 1027-1032, 2006.

学会発表・シンポジウム等

2017年

  • がん専門病院における医薬品情報管理室への問い合わせ事例に関する調査, 久保晶子, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 悪性神経膠腫治療中にテモゾロミドによる薬疹を来した1例, 宮崎敦美, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 日本臨床腫瘍薬学会雑誌投稿上の注意, 橋本浩伸, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • イホマイド単独療法に対してアプレピタント併用を中止しイホマイド脳症の再発を防いだ1例, 佐野智望, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 免疫チェックポイント阻害薬による免疫反応性副作用に対する支持療法薬の適正使用管理, 小井土啓一, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • シスプラチン含有レジメンを術前に施行した膀胱癌患者における術後5年間の腎機能推移, 新井聡子, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 当院におけるレミフェンタニルの使用状況の調査と適正な製剤規格の検討, 西川まり絵, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 同種造血幹細胞移植後長期生存者の晩期合併症に対する薬学的介入実践のための事前調査, 西渕由貴子, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 同種造血幹細胞移植後の慢性移植片対宿主病に対するベクロメタゾン経口製剤の院内導入に関する取り組み, 浅野智央, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • イピリムマブ投与開始後に重篤な肝障害が出現した悪性黒色腫患者の1例, 前田誠, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 悪性神経膠腫治療における脳脊髄腫瘍科専任薬剤師の薬学的介入について, 中島寿久, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 国立がん研究センター中央病院における薬剤師外来の取り組みと実績-経口抗がん薬治療症例への薬学的ケアの導入-, 渡部大介, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 悪性リンパ腫の抗がん剤治療におけるアプレピタントの薬剤経済学的評価 ,道家由行, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 医療者が行うアピアランスケア 薬剤師ができるアピアランス支援,矢内貴子,日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017
  • 外来がん化学療法における薬剤師の関わりー国立がん研究センター中央病院の取り組みについてー, 久保晶子, 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会
  • J-FORCE study: A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III study evaluating olanzapine (5 mg) combined with standard antiemetic therapy for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving cisplatin-based, highly emetogenic chemotherapy, Hironobu Hashimoto, ESMO 2017 Congress
  • Dried Plasma Spot Analysis for Gefitinib, Erlotinib, Afatinib and Osimertinib using High Performance Liquid Chromatography Tandem Mass Spectrometry. Reiko Ando Makihara, 15th Congress of IATDMCT
  • シスプラチンを含む高度催吐性化学療法による化学療法誘発性悪心・嘔吐の予防に対する標準制吐療法+オランサピン5mgの有用性を検証するプラセボ対照二重盲検ランダム化第III相比較試験(J-FORCE試験), 矢内貴子, 第2回日本がんサポーティブケア学会学術集会
  • 多施設共同研究における薬剤師の役割, 橋本浩伸, 第27回日本医療薬学会年会
  • アファチニブによる爪囲炎と効果の関係について, 北爪賀子, 第27回日本医療薬学会年会
  • 注射薬抗がん剤混注監査システム導入による調製時間と調製過誤防止効果の評価, 渡邊一史, 第71回国立病院総合医学会

2016年

  • A retrospective multicenter survey of hepatitis B virus infection (HBV) screening and HBV-DNA monitoring in patients receiving hematopoietic stem cell transplantation and rituximab-based chemotherapy, Toshihisa Nakashima, et al., ESMO Asia 2016 congress.
  • 当院における注射用抗がん剤廃棄の現状と Drug Vial Optimization(DVO) の検討, 鴇田春一郎, 第26回日本医療薬学会年会
  • 担がん患者での Bayesian 法と modified Sawchuk-Zaske 法を用いた血中バンコマイシン塩酸塩濃度の予測精度に関する検討, 大野貴之, 第26回日本医療薬学会年会
  • 同種造血幹細胞移植後患者の外来処方の動向調査, 鈴木拓真, 日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会
  • Modified CODOX-M療法における高用量メトトレキサート投与時の血中濃度推移, 渡邉綾, 日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会
  • Simultaneous analysis of EGFR-TKIs and ALK-TKIs in human plasma using LC-MS/MS, Reiko Makihara et al., 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • Starting a multidisciplinary team for Adolescents and Young Adults with cancer in National Cancer Center Hospital, Seiko Bun et al., 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • 悪性リンパ腫に対するR-CODOX-M療法とHD-MTX療法における口腔粘膜障害発現状況とそのリスク因子に関する検討, 今井奈津美, 医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム
  • A double-blind randomized phase II study of 10 versus 5 mg olanzapine for emesis induced by highly emetogenic chemotherapy with cisplatin, Hironobu Hashimoto et al., ASCO 2016 Annual Meeting
  • 薬剤師が発信する制度療法のエビデンス, 矢内貴子, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016
  • APACC認定の求められる研修体制について, 宇田川涼子, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016
  • 血液がんに対する薬物治療の現状~悪性リンパ腫を中心に~, 渡部大介, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2016
  • ~造血細胞移植におけるチーム医療~患者を中心とした薬剤管理:薬剤師の立場から, 小井土啓一, 第38回日本造血細胞移植学会総会
  • がん化学療法領域で求められる医薬品情報, 小井土啓一, 平成27年度第4回JASDIフォーラム

2015年

  • Tolerability and efficacy of neoadjuvant chemotherapy with three-weekly interval methotrexate, doxorubicin, vinblastine and cisplatin regimen for patients with locally advanced bladder cancer. Satoko Arai et al., ESMO Asia 2015 congress.
  • 悪性軟部腫瘍に対するDoxorubicin, Ifosfamide併用療法の制吐療法に関する調査, 佐野智望, 第25回日本医療薬学会年会
  • 電話による副作用モニタリングを導入した新たな医薬薬連携モデルの有用性評価, 住吉加江, 第25回日本医療薬学会年会
  • AC、CEF療法施行乳がん患者からの外来化学療法ホットライン相談の実態調査, 原茉梨絵, 第25回日本医療薬学会年会
  • がん種におけるバンコマイシン薬物動態パラメータの比較, 大塚亮, 第25回日本医療薬学会年会
  • 非小細胞肺がんにおけるEGFRチロシンキナーゼ阻害剤~治療効果に制酸薬が与える影響~, 酒井鉄平, 第25回日本医療薬学会年会
  • 造血幹細胞移植後のGVHD予防におけるタクロリムス血中濃度の影響に関する検討, 今井奈津美, 第25回日本医療薬学会年会
  • 造血幹細胞移植領域で活きる薬剤師~高用量&多剤併用を使いこなす攻めの薬学介入と臨床研究~, 小井土啓一, 第25回日本医療薬学会年会
  • 腎障害時の薬物治療学~若手も一緒に考える薬剤師としての関わり方~, 小井土啓一, 第25回日本医療薬学会年会
  • がん領域のチーム医療における薬剤師の役割と今後の展望, 橋本浩伸, 第25回日本医療薬学会年会
  • 卵巣癌患者におけるパクリタキセル投与時の末梢神経障害発現状況と重症度の調査, 砂土居寛子, 第53回日本癌治療学会学術集会
  • ドキソルビシンリポソーム製剤投与時の卵巣がん患者における手足症候群に対する局所冷却療法の有用性の検討, 文靖子, 第13回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • がん医療にかかわる薬剤師に知っていて欲しい感染制御の知識, 小井土啓一, 日本病院薬剤師会関東ブロック第45回学術大会
  • スニチニブ治療における治療薬物モニタリング(TDM)実施に向けた実態把握調査, 長尾嘉真, 医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム
  • 日米豪における自宅での抗がん剤曝露対策の指針に関する調査, 今瀬萌美, 第7回日本がん薬剤学会学術大会
  • 造血幹細胞移植後のフォローアップにおける新たな薬剤師外来の展開~国立がん研究センター中央病院の試み~, 小井土啓一, 第37回日本造血細胞移植学会総会
  • 外来がん化学療法における薬剤師の関わり新たに構築した医薬薬連携, 牧原玲子, 第46回日本膵臓学会大会

2014年

  • Feasibility of dose-dense Paclitaxel/Carboplatin therapy in elderly patients with ovarian, fallopian tube, or peritoneal cancer. Seiko Bun et al., ESMO 2014 Congress
  • AC、CEF療法に対する予防的制吐療法におけるデキサメタゾンの効果, 原茉梨絵, 第52回日本癌治療学会学術集会
  • KRAS野生型大腸癌患者における抗EGFR抗体投与に伴う臨床効果及び皮膚毒性に与える血清 epiregulin 濃度の影響(Serumepiregulinisassociatedwithprognosisandskintoxicityonanti-EGFRantibodytreatmentinKRASwild-typemCRC)(英語), 久保晶子, 第73回日本癌学会総会
  • がん患者専門病棟における病棟薬剤業務のあり方に関する検討, 日比野英幸, 第24回日本医療薬学会年会
  • 薬剤師の介入を評価したRCTの文献調査, 鈴木拓真, 第24回日本医療薬学会年会
  • 医薬品添付文書と患者向けパンフレットにおける外見関連副作用の情報提供の実態調査, 伊藤千晶, 第52回日本癌治療学会学術集会
  • 海外から新たなエビデンスが発信されたとき海外の制吐療法ガイドラインに掲載されたオランザピンを例にして, 矢内貴子, 第24回日本医療薬学会年会
  • 高齢卵巣癌・卵管癌・腹膜癌患者におけるdose-dense TC療法の忍容性の検討, 文靖子, 第52回日本癌治療学会学術集会
  • Feasibility of dose-dense Paclitaxel/Carboplatin therapy in elderly patientswith ovarian, fallopian tube, or peritoneal cancer, Seiko Bun, ESMO 2014 Congoress
  • 治癒切除不能大腸がん患者に対するレゴラフェニブ単剤療法の後ろ向き調査, 橋本浩伸, 第52回日本癌治療学会学術集会
  • 手術室におけるナロキソン塩酸塩注の管理方法変更の評価, 新井聡子, 第24回日本医療薬学会年会
  • 腎機能障害時の臨床薬物治療学若手薬剤師による情報交換会何を?どうする? 腎機能障害時の抗がん剤治療, 小井土啓一, 第8回日本腎臓病薬物療法学会学術集会
  • 造血幹細胞移植の静脈栄養管理における脂肪乳剤投与と感染症発症の関連性, 小井土啓一, 第17回 MeT3・ NST 研究会
  • 乳癌患者におけるドセタキセルの過敏性反応発現状況の実態調査, 新井聡子, 第52回日本癌治療学会学術集会
  • 造血幹細胞移植施行前に看護師が行う悪心嘔吐のリスクアセスメントに関する現状調査, 本永正矩, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2014
  • 移植前処置 ブスルファン/シクロホスファミド(BU/CY)療法におけるアプレピタントの有効性, 西渕由貴子, 第36回日本造血細胞移植学会
  • タクロリムスの血中濃度に基づくクリアランス推定に対してアプレピタントが及ぼす影響, 渡部大介, 第36回日本造血細胞移植学会
  • 国立がん研究センター中央病院における専門性の高い臨床薬剤師[BMT Pharmacist]の育成~薬剤師レジデント制度の成果~, 小井土啓一, 第36回日本造血細胞移植学会

2013年

  • ドセタキセルのAUCによる腫瘍サイズモデルの予測性の向上, 先山奈緒美, 第51回日本癌治療学会学術集会
  • ホスアプレピタントメグルミン投与に伴う注射部位反応の発現状況, 矢内貴子, 第51回日本癌治療学会学術集会
  • 患者自己評価式有害事象評価(PRO-CTCAE)日本語版の予備的調査, 高津優人, 第51回日本癌治療学会学術集会
  • 造血幹細胞移植の静脈栄養管理における脂肪乳剤投与と感染症発症の関連性, 渡邉綾, 第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会
  • 頭皮冷却法併用下化学療法実施中乳がん患者の安全性と患者満足度に関する研究, 新井聡子, 第21回日本乳癌学会総会
  • Clinical significance of serum epiregulin level in prediction of clinical outcome and skin toxicity in KRAS wild-type metastatic colorectal cancer patients treated with anti-epidermal growth factor receptor antibodies, Akiko Kubo, European Cancer Congress 2013
  • Palonosetron (PALO) versus granisetron (GRA) in the triplet regimen with dexamethasone (DEX) and aprepitant (APR) for preventing chemotherapy-induced nausea and vomiting (CINV) in patients (pts) receiving highly emetogenic chemotherapy (HEC) with cisplatin. Hironobu Hashimoto, ASCO 2013 Annual Meeting.
  • Safety and efficacy of oral ciprofloxacin for the treatment of febrile neutropenia, Tomomi Sano, 28th International Congress of Chemotherapy and Infection
  • FOLFOX/FOLFIRI療法における小型携帯型持続注入ポンプ充填量と流量の評価【2】, 小井土啓一, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2013
  • 自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法MCEC療法(ラニムスチン/カルボプラチン/エトポシド/シクロホスファミド)における悪心嘔吐発現状況, 渡部大介, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2013
  • トラマドールからモルヒネへのオピオイドローテーションで呼吸抑制を呈した肝細胞癌の1症例, 鳥越一宏, 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2013
  • ブスルファン/シクロホスファミド(BU/CY)療法における悪心嘔吐発現状況, 西渕由貴子, 第35回日本造血細胞移植学会
  • 造血幹細胞移植の静脈栄養管理における脂肪乳剤投与と感染症発症の関連性, 渡邉綾, 第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会

2012年

  • AC、CEF療法におけるアプレピタント導入後の制吐療法の再評価, 原島寿江, 第50回日本癌治療学会学術集会
  • がん疼痛患者における複方オキシコドン注射液の使用状況に関する調査, 佐野智望, 第17回日本緩和医療学会学術大会
  • ティーエスワンの薬歴管理方法に関する後ろ向き観察研究, 前田誠, 第22回日本医療薬学会年会
  • 院内製剤ビタミンK1軟膏の安定性試験, 原茉梨絵, 第22回日本医療薬学会年会
  • 我が国のがん医療機関での抗がん剤取扱状況(研修参加薬剤師に対するアンケート調査), 牧野好倫, 第22回日本医療薬学会年会
  • 造血幹細胞移植の血球減少期におけるバンコマイシン塩酸塩の体内動態, 深田英嗣, 第22回日本医療薬学会年会
  • 多職種による外来化学療法ホットラインの実態調査安全運用への取り組み, 竹野伸洋, 第50回日本癌治療学会学術集会
  • 胆道がんに対するゲムシタビン+シスプラチン併用療法における悪心嘔吐に関する調査, 宇田川涼子, 第22回日本医療薬学会年会
  • 5-FU注大容量バイアル製剤の導入による調製手技の簡素化, 阿部健太郎, 日本病院薬剤師会関東ブロック第42回学術大会
  • 国立がん研究センター中央病院における外来患者服用中の薬剤確認の実態調査, 前田誠, 日本病院薬剤師会関東ブロック第42回学術大会

2011年

  • FOLFOX/FOLFIRI療法における小型携帯型持続注入ポンプ充填量と流量の評価, 深田英嗣, 第21回日本医療薬学会年会
  • オクトレオチド注射剤の経静脈投与処方およびフィルター通過性の検討, 西垣玲奈, 第21回日本医療薬学会年会
  • がんを専門とする薬剤師のキャリアパスがん専門薬剤師が行政面で果たす役割 (Role of clinical oncology pharmacists in regulatory activities) , 山本弘史, 第70回日本癌学会総会
  • Content Analysis of Pamphlets Provided by Pharmaceutical Companies for the Medical Usage of Oncology Pharmaceuticals. Mari Saito, et al., ESMO 2012 Congoress
  • がん化学療法誘発性悪心嘔吐に対する制吐剤追加投与に関するアンケート調査, 小井土啓一, 第21回日本医療薬学会年会
  • ソラフェニブの導入とフォローアップにおけるチーム医療の推進, 宇田川涼子, 第16回日本緩和医療学会学術大会
  • 抗がん剤の静脈内投与による血管痛の発現状況とその対処法, 紺野英里, 第21回日本医療薬学会年会
  • 新人薬剤師が求める教育・研修体制について(レジデントの立場から), 秦晃二郎, 第21回日本医療薬学会年会
  • 製薬企業発行の抗がん剤患者説明用パンフレットの現状調査, 斉藤真理, 第49回日本癌治療学会学術集会
  • 造血幹細胞移植患者におけるボリコナゾールとの関連性が疑われる幻覚の発現頻度及びリスク要因に関する後ろ向き調査, 津下真裕美, 第21回日本医療薬学会年会
  • 日本人非小細胞肺癌患者におけるWangのsurvivalモデルの適合性の検討, 先山奈緒美, 第52回日本肺癌学会総会
  • 乳癌患者におけるカペシタビンによる手足症候群の発現状況と症状対策の現状調査, 秦晃二郎, 第21回日本医療薬学会年会
  • 造血幹細胞移植の静脈栄養管理における脂肪乳剤の使用状況と臨床転機の関連性, 小井土啓一, 第33回日本造血細胞移植学会
  • 総ビリルビン上昇とタクロリムスのクリアランス変動との関連性[第2報], 小井土啓一, 第33回日本造血細胞移植学会
  • 中心静脈カテーテル採血による血中タクロリム濃度モニタリングの問題点, 渡部大介, 第33回日本造血細胞移植学会
  • イトラコナゾールの剤形による血中タクロリムス濃度への影響の相違~カプセル製剤と内用液製剤の比較~, 宇田川涼子, 第33回日本造血細胞移植学会
  • Drug-drug Interaction between Tacrolimus and Azole Anti-fungal Agents, Itraconazole and Voriconazole, in Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation Recipients, Ryoko Udagawa, 2011 BMT Tandem Meeotings
  • Relationship between Clearance of Intravenous Calcineurin Inhibitors and Area under the Concentration-time Curve Decreases during the Switch from Continuous Intravenous Infusion to Oral Administration after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation, Daisuke Watabe, 2011 BMT Tandem Meeotings

2010年

  • 5FU/CDDP併用化学放射線療法における食道炎の背景因子の検討, 牧野麻里, 第64回日本食道学会学術集会
  • カルボプラチン/パクリタキセル療法における骨髄抑制発現の危険因子計算式によるカルボプラチン投与量差の観点から, 橋本亜衣子, 第20回日本医療薬学会年会
  • がん化学療法と感染症外来がん化学療法による好中球減少時の発熱に対する経口抗菌剤の有用性, 牧野好倫, 第57回日本化学療法学会東日本支部総会/第59回日本感染症学会東日本地方学術集会合同学会学術講演会
  • 乳癌薬物治療に伴う妊孕性への影響に関する情報提供の実態調査, 久保晶子, 第48回日本癌治療学会学術集会
  • がん患者の嘔気・嘔吐に対するオランザピンの投与開始用量(2.5mg対5mg)の検討, 赤木徹, 第15回日本緩和医療学会学術大会
  • がん専門病院におけるジェネリック医薬品採用の経験から, 山本弘史, 日本ジェネリック医薬品学会第4回学術大会
  • Roles of pharmacy specialists in pharmacological therapy against cancer Pharmacist manage a patient care : Focus on Infectious Disease, Keiichi Koido, 第69回日本癌学会総会
  • Optimization of limited sampling points for pharmacokinetic analysis of amrubicin and amrubicinol, Michiko Watanabe, 第69回日本癌学会総会
  • 抗がん剤調製作業以外に由来する汚染調査, 西垣玲奈, 第20回日本医療薬学会年会
  • 抗がん薬による被曝防止を目的とした閉鎖式混合調製器具の有用性の検討, 西垣玲奈, 第20回日本医療薬学会年会
  • 大腸がん患者でのオキサリプラチン(L-OHP)末梢投与における注射部位反応, 橋本浩伸, 第48回日本癌治療学会学術集会
  • 大腸がん患者に対するオキサリプラチン(L-OHP)投与におけるアレルギー反応, 矢内貴子, 第48回日本癌治療学会学術集会
  • 乳癌薬物治療に伴う妊孕性への影響に関する情報提供の実態調査, 久保晶子, 第48回日本癌治療学会学術集会
  • 造血幹細胞移植後のtacrolimus持続静注クリアランスは経口投与量決定のための要因になるかもしれない, 渡部大介, 第32回日本造血細胞移植学会
  • 総ビリルビン上昇時におけるタクロリムスのクリアランス変動, 文靖子, 第32回日本造血細胞移植学会
  • タクロリムスとアゾール系抗真菌剤の相互作用, 宇田川涼子, 第32回日本造血細胞移植学会
  • 「特定抗菌剤・抗真菌剤使用理由入力システム」導入によるカルバペネム系抗菌剤使用状況の変化, 坂本治彦, 第25回日本環境感染学会総会

2009年

  • 「特定抗菌剤・抗真菌剤使用理由入力システム」導入によるカルバペネム系抗菌剤使用状況の変化, 坂本治彦,
  • カルボプラチンの投与量算出時におけるCockcroft-Gault式と簡易MDRD式による投与量の相違について, 横山礼子, 第19回日本医療薬学会年会
  • がんチーム医療における新たな薬剤師の役割, 橋本浩伸, 第47回日本癌治療学会学術集会
  • 化学療法薬物有害反応の対策Cetuximab投与による爪囲炎の治療の現状, 矢内貴子, 第47回日本癌治療学会学術集会
  • 抗がん剤調製時の環境曝露, 西垣玲奈, 第19回日本医療薬学会年会
  • 造血幹細胞移植後のサイトメガロウイルス抗原血症および感染症に対するホスカルネットの安全性および有効性評価, 佐野智望, 第57回日本化学療法学会総会
  • 造血幹細胞移植後のサイトメガロウイルス感染症に対するホスカルネットの使用状況調査, 小井土啓一, 日本薬学会第129年会
  • 手術部位感染予防のための適正な抗菌剤術中追加投与実施に向けた薬剤供給方法の変更とその成果, 小井土啓一, 第24回日本環境感染学会総会

2008年

  • チーム医療における薬剤師の役割を考える~M.D. Anderson Cancer Centerを見学して~, 橋本浩伸, 第18回日本医療薬学会年会
  • 塩酸アムルビシン及びアムルビシノールの血中薬物濃度測定法の確立, 安藤玲子, 第29回日本臨床薬理学会学術総会
  • 肝胆膵領域におけるゲムシタビン単独療法施行時の悪心・嘔吐・食欲不振の発現状況, 野村充俊, 第18回日本医療薬学会年会
  • 肺がん患者における塩酸アムルビシン単剤療法の実態調査, 安藤玲子, 第18回日本医療薬学会年会
  • 抗がん剤レジメンの院内標準化に向けての取り組み, 大塚知信, 第18回日本医療薬学会年会
  • 造血幹細胞移植におけるタクロリムス持続静注時のクリアランスと24時間後測定値の意義, 小井土啓一, 第25回日本TDM学会学術大会
  • 造血幹細胞移植における免疫抑制剤タクロリムスの臨床効果と安全性, 宇田川涼子, 第18回日本医療薬学会年会
  • 肺がん患者における塩酸アムルビシン単剤療法の実態調査, 安藤玲子, 第18回日本医療薬学会年会
  • 塩酸アムルビシンの代謝における薬物動態的変動要因と毒性に関する後ろ向き調査, 安藤玲子, 第6回日本臨床腫瘍学会学術集会
  • 造血幹細胞移植後の急性GVHD予防におけるタクロリムスの至適血中濃度の検討, 宇田川涼子, 第30回日本造血細胞移植学会

2007年

  • がん専門薬剤師研修事業における研修内容についての施設調査および研修者による研修内容評価調査, 村越功治, 第17回日本医療薬学会年会
  • がん薬剤管理指導の新たな取り組み-病棟と外来指導の連携-, 米村雅人, 第17回日本医療薬学会年会
  • トラスツズマブの心障害とInfusion reactionに及ぼす影響, 矢内貴子, 第17回日本医療薬学会年会
  • レジメン管理と医療安全対策 (Advanced Chemotherapy by Oncology Pharmacists Regimen management and medical safety measures) (英語), 加藤裕久, 第66回日本癌学会総会
  • 高齢者における nedaplatin の母集団薬物動態の検討, 牧野好倫, 第17回日本医療薬学会年会