コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科・共通部門 > 小児腫瘍科 > 研究について

研究について

日本国内で行われている各小児がん研究グループでの多施設共同研究への参加に加え、米国小児腫瘍研究グループ(COG)や欧州のI-BFMグループとの国際共同研究も行っています。当院の特徴でもある再発治療については、適応外薬剤を使用した再発治療の開発、保険診療ではまだ使用できない新薬や新規治療の治験を実施して、国内のすべての患者さんに実施できるような治療となるように開発を進めると同時に、難治の患者さんへの治療提供も行っています。

未承認薬・開発中の薬剤を用いた臨床試験

現在、新規の小児患者さんを受け入れている試験(年齢制限があるものもあります)

  1. NCCH1904/MK007 小児・AYA悪性固形腫瘍に対するEZH1/2阻害薬DS-3201bの第I相試験(医師主導治験)
  2. CAMPFIRE試験 再発・再燃、又は難治性の滑膜肉腫を有する小児及び若年成人患者を対象に、ラムシルマブを評価する無作為化非盲検第I/II相試験
  3. NCCH1903 再発/治療抵抗性節外性NK/T細胞リンパ腫-鼻型に対するアテゾリズマブの第II相医師主導治験
  4. RET遺伝子変化を有する進行固形癌又は中枢神経系原発腫瘍の小児被験者を対象とした経口RET阻害剤LOXO-292の第I/II相試験
  5. 切除不能胞巣状軟部肉腫に対するアテゾリズマブ療法の多施設共同第II 相医師主導治験
  6. 再発性/難治性固形腫瘍を有する小児及び若年成人患者を対象としてテモゾロミド及びイリノテカンと併用するアベマシクリブ(パートA)並びにテモゾロミドと併用するアベマシクリブ(パートB)を評価する用量漸増第Ib相試験
  7. 再発/難治性神経芽腫患者を対象とした、Aurora キナーゼA 阻害剤LY3295668 エルブミン単独及び併用投与による第I相試験
  8. 4990/ME3208のステロイド依存性/抵抗性慢性移植片対宿主病患者を対象とした臨床第III相試験
  9. ALK遺伝子異常を有する希少がんに対するアレクチニブの医師主導治験

その他の臨床試験など

  1. JESS14 限局性ユーイング肉腫ファミリー腫瘍に対するG-CSF併用治療期間短縮VDC-IE療法を用いた集学的治療の第II相臨床試験
  2. JRS-II LRA 横紋筋肉腫低リスクA群患者に対するVAC1.2(ビンクリスチン、アクチノマイシンD、シクロフォスファミド1.2g/平方メートル)/VA療法の有効性及び安全性の評価 第II相試験
  3. JRS- II LRB 横紋筋肉腫低リスクB群患者に対するVAC1.2(ビンクリスチン、アクチノマイシンD、シクロホスファミド1.2 g/平方メートル )/ VI(ビンクリスチン、イリノテカン)療法の有効性及び安全性の評価 第II相臨床試験
  4. JRS-II IR 横紋筋肉腫中間リスク群患者に対するVAC2.2(ビンクリスチン、アクチノマイシンD、シクロホスファミド2.2 g/平方メートル)/VI(ビンクリスチン、イリノテカン)療法の有効性及び安全性の評価 第II相臨床試験
  5. JRS-II HR 横紋筋肉腫高リスク群患者に対するVI(ビンクリスチン、イリノテカン)/VPC(ビンクリスチン、ピラルビシン、シクロホスファミド)/IE(イホスファミド、エトポシド)/VAC(ビンクリスチン、アクチノマイシンD、シクロホスファミド)療法の有効性及び安全性の評価 第II相臨床試験)
  6. MB19 小児髄芽腫に対し新規リスク分類を導入したチオテパ/メルファラン大量化学療法併用放射線減量治療の有効性と安全性を検討する第II相試験
  7. AT20 非定型奇形腫様ラブドイド腫瘍に対して強化髄注短期決戦型化学療法とチオテパ/メルファラン大量化学療法後に遅延放射線治療を行う集学的治療レジメンの安全性と有効性を検討する第II相試験
  8. Haplo-SCT16 小児再発・難治性急性白血病に対する低用量抗胸腺細胞免疫グロブリンを用いたT細胞充満HLAハプロ移植の多施設共同単群非盲検試験
  9. ALL-Ph18 初発小児フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(Ph+ALL)に対するダサチニブ併用化学療法の第II相臨床試験
  10. ALL-B19 小児・AYA・成人に発症したB前駆細胞性急性リンパ性白血病に対する多剤併用化学療法の多施設共同第III相臨床試験
  11. ALL-T19 小児、AYA世代および成人T細胞性急性リンパ性白血病に対する多施設共同後期第II相臨床試験
  12. AML-20 小児急性骨髄性白血病を対象とした微小残存病変を用いた層別化治療、および非低リスク群に対する寛解導入後治療におけるゲムツズマブオゾガマイシン追加の有効性および安全性を検討するランダム化比較第III相臨床試験
  13. CBF-AML220  t(8;21)およびinv(16)陽性AYA・若年成人急性骨髄性白血病に対する微小残存病変を 指標とするゲムツズマブ・オゾガマイシン治療介入の有効性と安全性に関する 臨床第II相試験
  14. PL-19 小児思春期・若年成人リンパ腫に対する前方視的観察研究
  15. B-NHL-20 小児・AYA世代の限局期成熟B細胞性リンパ腫に対するリツキシマブ併用化学療法の有効性の評価を目的とした多施設共同臨床試験
  16. ALL-R19-BLIN 小児の複数回再発・難治ALLに対する少量シタラビンとブリナツモマブによる寛解導入療法の第II相試験
  17. CHM-14 日本小児がん研究グループ血液腫瘍分科会(JPLSG)における小児血液腫瘍性疾患を対象とした前方視的研究
  18. 小児固形腫瘍観察研究
  19. 20歳未満に発症する血液疾患と小児がんに関する疫学研究

お問い合わせ先

医療機関専用電話番号:03-3547-5209
または小児腫瘍科 小川千登世:chitogaw●ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)

臨床試験登録や治療についてのご相談・患者さんのご紹介は上記までお問い合わせください。
なお、スムーズな情報提供のため、原則として担当医からのみとし、患者さんからの直接のお問い合わせはご遠慮ください。