コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 精神腫瘍科 > 診療について

診療について

がん罹患に伴うストレスに対する心のケア(精神腫瘍学)

 

がん医療においては、外科治療、化学療法、放射線治療などのがんそのものに対する治療が重要ですが、生活の質を保ちながら普通に毎日を過ごすためには、苦痛な症状を和らげることも必要です。がんに伴う苦痛な症状には、疼痛などの体の苦痛と、気持ちの落ち込み(うつ)や、不安感などの心の苦痛があります。さらに、病状が進行や、手術後の身体状態の変化に伴い、脳機能が低下して「せん妄」という精神症状が生じることも少なくありません。

気持ちの落ち込みや不安感、せん妄などの症状は、それ自体がつらい症状であるのみならず、全体的な生活の質の低下や、がん治療を受ける意欲をなくしてしまうこととも深く関係するため、適切な心のケアを受けられることをお勧めいたします。

当科は、がん専門病院に併設される心のケアを行う診療科として、全国に先駆けて1992年に開設され、一貫して患者さんとそのご家族の方々の心のケアに取り組んでまいりました。心のケアを含めた緩和ケアの重要性が高まる中、精神腫瘍科を受診されるがん患者さんおよびそのご家族は増加する傾向にあり、最近では年間約1,000名となっています。

また、患者さんご本人だけでなく、ご家族も同じように大きなストレスを抱えていらっしゃいます。当科では、がん患者さんのご家族、またはがんで患者さんを亡くしたご遺族を対象として、十分なカウンセリングを提供することを目的とした専門外来である「家族ケア外来」も開設しております。当院以外の病院で治療を受けられている患者さんのご家族のご相談も受け付けていますので、詳しくは下記のページをご覧ください。


  家族ケア外来のご案内


注:当院の患者様のご家族の相談は精神腫瘍科一般外来でも受け付けております。

相談方法

精神腫瘍科一般外来

当院通院中の方が受診を希望される場合
  • 外来通院中の場合
    精神腫瘍科の受診手続きをお取りいただき、外来受診をお願いいたします。予約センターから診察予約をお取りいただくことも可能です。
  • 当院入院中の場合
    担当の医師、看護師に精神腫瘍科の受診を希望される旨をお伝えください。チームのメンバーが病棟まで伺います。

精神腫瘍科 診療実績(症例数・年)

注:診療実績について、2016年以前は1月から12月までの1年間、2017年以降は4月から翌年3月までの1年間で集計しています。以後年度集計です。
  20152016201720182019
年間診療件数  1055件  1245件 1075件 1106件 1206件
精神医学的診断
適応障害
259件
(24.5%) 
221件
(17.8%)
125件
(11.6%)
137件
(12.4%)
218件
(18.1%)
精神医学的診断
うつ病
131件
(12.4%) 
82件
(6.6%)
65件
(6.0%)
61件
(5.5%)
57件
(4.7%)
精神医学的診断
せん妄
228件
(21.6%) 
286件
(23.0%)
273件
(25.4%)
260件
(23.5%)
302件
25.0%
精神医学的診断
なし
206件
(19.5%)
375件
(30.1%)
352件
(32.7%)
377件
(34.1%)
316件
26.2%