コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 放射線治療科 > 診療について

診療について

治療・検査待ち期間一覧は関連リンクをご覧ください

診療内容の紹介

国立がん研究センター中央病院は、外部照射用リニアック5台とサイバーナイフ1台、MR画像誘導放射線治療装置1台、小線源治療装置・小線源治療室により放射線治療を実施しています。陽子線や重粒子線などの粒子線治療が必要な場合は実施可能な施設に紹介しています。

三次元治療原体照射

治療が必要な範囲の形に合わせた照射範囲をCTやMR画像をもとに三次元治療計画装置で作成し、正常組織への影響をなるべく少なくするように工夫した治療方法です。当院では1990年代より導入され現在では大半の治療に応用しています。

定位放射線照射

病巣に対し多方向から放射線を集中させる方法です。通常の放射線治療に比較し周囲の正常組織の線量を極力減少させることが可能です。当院では1991年に転移性脳腫瘍に対し応用開始しましたが、その後肺や肝臓などに応用範囲を拡大しています。

強度変調放射線治療(IMRT)

強度変調放射線治療とは、最新のテクノロジーを用いて照射野内の放射線の強度を変化(変調)させて照射を行なう方法です。強度変調放射線治療では、照射範囲のみでなく放射線の量をがんの形に合わせて治療することができます。当院では頭頸部腫瘍や前立腺がんで導入し、対象の拡大を進めています。

小線源治療

管、針、ワイヤ、粒状などの形状となった容器に密封された放射性同位元素を放射線源として、がんやその周囲組織に直接挿入したり埋め込んだりして治療します。放射線の集中性に優れた治療です。2009年5月より主に低リスクの前立腺がんを対象としてヨウ素125小線源永久挿入療法を開始します。2泊3日の入院により治療可能です。詳細は、当放射線治療部にお問い合わせください。

アイソトープ治療

放射性同位元素を注射で体内に入れ取り込ませた病巣で放射線を出させることにより治療する方法です。転移性骨腫瘍の一部に対し、ストロンチウム-89という放射性同位元素の出すベータ線での治療に使用しています。

陽子線治療

陽子線は体内に入っても表面近くではエネルギーを放出せず、停止する直前にエネルギーを放出して大きな線量を組織に与える性質があります。陽子線は病巣のみに効率よく線量を集中でき、副作用を少なくできます。この治療は国立がん研究センター東病院で行っており、その相談外来を行っています。

前立腺がんの放射線治療

当科では前立腺がんに対して様々な放射線治療の方法を選んで頂けます。どれも保険適応の治療方法になり、最先端の治療も提供しております。その中から患者さんのニーズにあわせて治療方法を選択して頂きます。

外部放射線治療

強度変調放射線治療、画像誘導放射線治療

小線源治療

高線量率組織内照射、シード治療

放射線治療後の局所再発に対する再度の放射線治療(前立腺がんの放射線治療後にPSA再発が見られたときには次の治療としてはホルモン治療が選択されることが多いですが、状況によっては再度放射線治療を施行することも可能です)

リンパ節転移や骨転移のある前立腺がんに対しても、状況によっては根治的放射線治療の有用性も示唆されており、当科でも患者さんと相談の上、施行しております。詳細は放射線治療部にお問い合わせください。

診療内容の特徴と実績

当院では治療の対象となるがんにより、放射線治療単独での治療以外に手術との併用(術前・術中・術後)や薬物療法との併用により、効果を高め副作用を軽減する工夫を行っています。また、放射線治療の特徴をいかし、外来で多くの治療を実施しています。患者さん自身に自らの病気や体の状況を理解していただき、よりよい生活の質(Quality of Life)をともに考え、一緒に治療を選択していきます。当院での治療以外の選択が好ましい場合には、他施設の紹介も行っています。

この数年の診療実績としてがんの発生部位ごとの治療計画数を下に示します。

放射線治療科 診療実績
原発部位別新患数2014年2015年2016年2017年2018年2019年
全患者数 2,063 2,546 2,677 2,963 2,599 2,824
1.脳・脊髄 48 56 64 61 68 64
2.頭頸部 142 142 153 174 214 224
3.食道 117 124 149 107 122 119
4.肺・気管・縦隔 258 350 322 344 341 376
4-a.うち肺 136 305 259 271 298 325
5.乳腺 296 332 387 396 200 288
6.肝・胆・膵 88 95 83 122 90 72
7.胃・小腸・結腸・直腸 252 277 299 231 87 96
8.婦人科 80 74 107 120 123 148
9.泌尿器系 138 157 151 152 143 136
9-a.うち前立腺 102 91 91 103 99 90
10.造血器リンパ系 88 95 83 122 110 106
11.皮膚・骨・軟部 110 111 122 131 134 146
12.その他(悪性) 0 0 0 17 28 33
13.良性 2 6 7 2 1 1
14.15歳以下の小児例 19 24 25 26 34 32
放射線治療科 診療実績
 脳および骨転移治療患者実人数(新患+再患)
原発部位別新患数2014年2015年2016年2017年2018年2019年
1.脳転移 266 562 583 609 429 453
2.骨転移 159 456 515 518 523 584
特殊治療(患者数)2014年2015年2016年2017年2018年2019年
術中照射 0 0 0 0 0 0
全身照射 68 56 36 62 41 38
定位放射線照射 296 522 556 567 392 401
脳定位放射線治療 247 426 465 488 321 325
体幹部定位放射線治療 49 96 91 79 71 76
強度変調放射線治療(IMRT) 283 310 438 521 617 596
小線源治療 133 134 153 173 180 202
注:診療実績について、2016年以前は1月から12月までの1年間、2017年以降は4月から翌年3月までの1年間で集計しています。