コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 造血幹細胞移植科 > 造血幹細胞移植推進拠点病院事業(南関東・甲信越ブロック)

造血幹細胞移植推進拠点病院事業(南関東・甲信越ブロック)

当院は、2020年4月より厚生労働省より造血幹細胞移植推進拠点病院として認定され、事業を開始しました。南関東・甲信越ブロックの造血幹細胞移植推進地域拠点病院と連携してブロック全体での移植医療の向上を目指して努力しております。造血幹細胞移植推進拠点病院事業は2014年10月に始まり、2020年3月まで南関東ブロックは東海大学医学部付属病院が拠点病院を担当しました。それまでの事業はこちら(東海大学医学部付属病院 造血幹細胞移植推進地域拠点病院)(外部ページにリンクします)をご覧ください。

実施医療機関体制

事業の概要

 造血幹細胞移植医療人材育成事業

主に造血幹細胞移植に携わる専門的な医師や医療従事者の育成及び地域の医師等を対象とした研修事業を行います。他病院から医師・看護師・造血細胞移植コーディネーター(HCTC)・薬剤師・栄養士などの多職種の研修生を積極的に受け入れ、移植や幹細胞採取の実務を指導することで、移植医療研修を実施し、造血幹細胞移植医療に携わる人材を育成します。

造血細胞移植コーディネート支援事業

骨髄移植が必要な患者さんが早期に骨髄移植を受けられるよう、移植医療関係者や関係機関と調整を行うことを目標とします。コーディネート期間の短縮や多施設のHCTC同士の交流を支援します。地域拠点病院である東海大学医学部付属病院が主体となって、多施設でHCTC分科会を行っております。HCTC分科会に関しては以下にお問い合わせください。

東海大学医学部付属病院 造血幹細胞移植推進地域拠点病院事務局

電話番号:0463-93-1121(内線2237)

メールアドレス:hsct●tsc.u-tokai.ac.jp

 造血幹細胞移植地域連携事業

地域の医療機関の要請に応じて、造血幹細胞移植の専門医がコンサルトに対応するなどの診療支援を行います。地域における移植医療体制の強化を目的として、地域医療機関との情報交換会や、移植に携わる医療従事者の人材育成・スキルアップのためのセミナー・研修を行います。患者または医療従事者の方からの造血幹細胞移植に関する相談や質問に対応する「地域連携支援窓口」を開設し、相談に適宜応じております。お気軽にご相談ください。

国立がん研究センター中央病院 造血幹細胞移植地域連携支援窓口

電話番号:070-6956-2863

メールアドレス:skch-jimu●ml.res.ncc.go.jp

セミナー

当院は地域拠点病院である東海大学医学部付属病院と協力して拠点病院セミナーを企画しています。これまでのセミナーや今後のセミナー予定についてはこちら(東海大学医学部付属病院 造血幹細胞移植推進地域拠点病院)(外部ページにリンクします)を参照ください。本年度はCOVID-19のためWeb形式で開催いたします。交通費、宿泊費の支給はありませんので、ご了承ください。セミナーの申し込みサイトはこちら(造血幹細胞移植推進拠点病院セミナー申し込み)です。

本事業に関するお問い合わせ

国立がん研究センター中央病院 造血幹細胞移植推進拠点病院事務局

電話番号:070-6956-2863

メールアドレス:skch-jimu●ml.res.ncc.go.jp