コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 大腸外科 > ロボット支援下直腸がん手術

ロボット支援下直腸がん手術

ロボット支援下直腸癌手術とは

ロボット支援による直腸切除術は、腹腔鏡下直腸切除術をロボット支援下に行うものです。使用する機器はダヴィンチという、アメリカで開発された手術支援ロボットです。

  • 当科で使用している最新鋭のダヴィンチXi手術システム (1)
  • 当科で使用している最新鋭のダヴィンチXi手術システム (2)

当科で使用している最新鋭のダヴィンチXi手術システム

コンソールで操作

術者はコンソールで操作します。術野ではロボットアームを介して、実際の術者の手の動きが細かく再現されるうえに、手振れも補正されて正確な操作が可能です。

特徴

従来の開腹手術と比較して、傷が小さく痛みが軽度で、手術後の回復が早い、手術中の出血量が少ないなどの利点があります。また、複雑に曲がるロボット鉗子の支援があるために、従来の開腹や腹腔鏡手術と比べてより繊細で精密な手術が施行できます。

ダヴィンチの手術器具と手

ダヴィンチの手術器具の先端は指のように自由に曲げることができるため、術野での繊細な操作が可能となります。

繊細な手術を行うことにより根治性、肛門・排尿・性機能などの機能温存の向上が期待できます。特に直腸に密接する骨盤神経叢(こつばんしんけいそう)(排尿や性機能を担っている神経)を繊細な操作で丁寧に温存することにより、術後の排尿・性機能の保持や早期の回復が期待されます。後遺症の少ない、体に優しい手術が可能となります。当院でのロボット支援直腸がん手術の術中出血量は中央値で10mlと、従来型腹腔鏡手術より少なくなっています。

手術写真

3Dカメラで立体的な体内の画像を得られ、術者は患部を拡大してみることができます。実際の術野では、細かな血管も繊細に処理して行くために、出血がほとんどありません。神経も明瞭に認識して温存することができます。

当科では

当科では、平成26年よりロボット支援下直腸がん手術を行っており、現在は直腸がん領域では日本有数の症例数となっています。また、直腸がん術後に特有の合併症である排尿機能や性機能障害も少なくなっています。医療費は平成30年4月からは保険適用となり、健康保険でカバーされるようになりました。

しかし、ロボット手術は触覚がないために、巨大な腫瘍などには従来の開腹手術が適する場合もあります。御自身の直腸がんに対して最適な手術について、外来診察時にご相談ください。